HyperJuice  USB-C PD×2 充電器 16インチMacBook Proにも対応する?

HyperJuice 87W USB-C  Power Adapter PD Charger w QC 4.0 3.0は充電器。

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0872/6416/products/untitled.268-square_900x900_crop_center.jpg?v=1550183760

 

(hypershop.com様より引用 https://cdn.shopify.com/s/files/1/0872/6416/products/untitled.268-square_900x900_crop_center.jpg?v=1550183760)

 

一番の特徴はPower Delivery対応のUSB-C端子を2個持つこと。ホテルによってはテーブルまたはベッド付近にはコンセントが一つしかないこともがある。そんなときには便利だ。

QC 4.0 3.0対応のUSB-Aも1個ある(が、iOSにはメリットが無い)。

 

大きさは110 × 98 × 20mm。重さ約240g(除:ケーブル)。

 

Apple純正の 87W USB-C電源アダプタの

大きさは80 × 80 × 30mm、重さ約290g(除:ケーブル)。

 

HyperJuiceは薄くして大きくなったが、軽い。

 

次期MacBook Proが噂されている。MacBook Proはこれまで87Wのアダプタだったが次期機種はもしかしたら100Wになるかもしれない。そうなったとしても87Wあれば充電できなくとも消費分は賄えるだろうと期待している。尤もMacBook ProならThunderbolt3端子が4個あるから、そこからiPad Proなどに充電できる。なので充電器側にUSB-Cのポートは必要ないのだが。

 

類似品として

Anker PowerPort Atom PD 4 がある。これはUSB-C × 2とUSB-A × 2(PowerIQ対応)で100W。110 x 85 x 34mm。約370g。

HyperJuiceより高性能だが、重くて高額。しかも、品薄。

 

HyperJuiceの使用感。大して使用していないときは「暖かいかな」程度(Apple Watherによると外気温29度)。激しく使用しているときは熱い。ケーブルなので高速バスなどのひねって接続するコンセントには便利。ケーブルなのでかさばるが。

 

30WのUSB-C 充電器は100g超。これを2個持って出たほうが軽いが、チェックアウトの慌ただしさと先述のコンセントの数を勘案すると微妙。

 

USBハブの機能は無い。

 

MacのSystem Reportで見ると、87Wではなく、100Wと表示される。