iPad Pro 2018 古いDACでハイレゾ音楽 FOSTEX HP-A3復活

10年ほど前、PCで高音質(ハイレゾ)の音楽を聴くブームが起きた。

PCに保存した96KHz32bitのような音源を再生するのだが、PCのサウンドボードは大したものではない。空いているスロットに音源ボードを追加するなどの方法がとられた。PC内臓スピーカーといえば情けないほどの代物。外部スピーカーに接続するなどした。

 

Appleは音楽に気を使い、Macの3.5mmヘッドホン/マイク端子に光入出力端子(S/PDIF)を兼用させていた。

 

PCでハイレゾを聞く手法の一つが次。

USBへ高音質音源のデータを流し外部のボックス(DAC)でデジアナ変換し、

それをスピーカーやヘッドホンで聴く。

 

iPodでも同様の手法がとられ、Audio-Technicaも製品を出していた。

 

FOSTEXとはiPodのイヤホンをOEM生産していた会社だ。この会社が

DACを内蔵し、

USBからの電流で動く、

ヘッドホンアンプHP-A3を

2009年末に出した。

 

FOSTEXは、

PCのヘッドホンジャックに挿しても性能を出し切れない当時のヘッドホンの最高峰の一つゼンハイザーHD650を

意識してHP-A3を作った。

 

残念なことに親の耳ではHD650が良く鳴るようには聞こえなかった。当時のUSBから取れる電流が少なすぎたのかもしれない。

 

iPad Pro 2018 FallはLightningを廃止してUSB-Cを装備した。USB-Cの電流供給能力は高い。これならHP-A3を上手に駆動できるのでは無いかと試してみた。

 

ビンゴ!!

 

ツァラツストラかく語りき』(指揮:グスターボ トゥダメル 演奏:ベルリンフィル 2012 音源:Digital Concert Hall)の冒頭のオルガン部分では頭が低温でビリビリ震える。(ただしWH-1000XM3ほどではない)。

Digital Concert Hallだと絵が出るので、音楽だけのものと違い、非常に優れている音と感じる。

 

 

HP-A3はポケットに入る大きさでは無い。けれど、11インチならともかく、12.9インチだとHP-A3の大きさも気にならない(笑)。

 

USB-Cポートを備えていればHP-A3とゼンハイザーHD650が活きるだろうと試した。

 

MacBookMacBook ProでもHD650がすごく良く鳴る。

 

 

macOS MojaveでもTeleportが動く

TeleportとはmacOSで稼働するソフト。複数のMacでキーボードとトラックパッド/マウスを共用できるようにする。

Teleportを導入したら、まず、Macたちの画面の配置を決める。使用中のMacの画面の右に隣のMacの画面を配置したとしよう。

カーソルを右に移動すると画面の右端で止まらず、別のMacのディスプレイへ移動(teleport)し、キーボード入力もできるようになる。

二つ以上のキーボートを置けない狭い机には便利だ。新型が出てサーバーとして活躍が期待されるMac Miniでも便利だろうと想像する。

 

配置するときの考慮点は以下。

勢い余ってカーソルを画面の右端にぶつけることはよくある。端に行ったことに気付かず移動させ続けることもままある。Teleport無しならカーソルは画面の右端に留まっている。Teleportが稼働しているとカーソルは隣のディスプレイの右端に着いていることもある。こうなるとカーソルを戻すために何度もトラックパッドを擦らなければならない。

私は、画面の右下隅に隣のMacの画面の上端がかかる様に配置して、上記事態が起こりにくくしている。

 

 

Remote DesktopでもTeleportと同様なことはできる。だが、Remote Desktopでの操作は次の様になる。

Remote Desktopを開き

サーバーを選択

(接続インディケータが表示され)

他のMacの画面が表示されキーボードとトラックパッドで操作可能になる。

 

ちょっと手間がかかる。

 

また、次の様な不都合もRemote Desktopにはある。

Remote Desktopだと別のMacの画面がウィンドウ表示される。別のMaciMacだったりするととするとカーソル、アイコンや文字が小さくなり見辛い。iMacのディスプレイを見て直接操作することもできるが、勢い余ってカーソルがRemote Desktopのウィンドウから飛び出してしまい操作ができなくなることも多々ある。そうなると視線をウィンドウヘ戻し、カーソルを探し出して、Remote Desktopのウィンドウに戻さねばならない。

 

Teleportなら上は起きない。

 

そんな便利なTeleport 12.2.1がmacOS 10.14 Mojaveで動かなくなった。

 

幸いなことに12.2.2にアップデートされ、稼働する様になった。

 

https://github.com/abyssoft/teleport/files/2414046/teleport_1.2.2.zip

 

 

まだまだまだあるUSB-C3ポートのハブ

これまで『USB-C 3ポートのハブ』、まだまだあるUSBハブを書いてきた。

 

今度は興味深い製品を紹介する。これは周辺機器用に使えるUSB-Cポートを少なくとも2個持つ。

・USB C Hub Type C adapter USB Cハブ MacBook Pro 2016/2017/2018 13”/15” USB Cパソコン ハブThunderbolt 3 充電ポート 4K HDMI USB-C*2 USB 3.0*3 SD&Micro SDカードリーダー RJ45ポード 10in1 アルミニウム (グレー)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71way6pNSQL._SL1200_.jpg

(Amazon様より引用)

メーカーがはっきりしない。大手通信販売本屋さんではdelicocoとなっているが、私にはそんなメーカーのホームページを発見できなかった。

本作と似た形状をしている前作「USB C ハブ 7in1 Type C adapter MacBook Pro Hub 変換アダプタ 2016/2017 13”/15” Thunderbolt 3 充電ポート 4K HDMI USB-Cx1 USB 3.0x2 SD&Micro SDカードリーダー 革ケース付き」の評判は良くない。前作の苦情の多くは、(工作精度が悪いのか)きちんとはまらない、(シェルカバーを意識して長めのプラグを採用したからか)隙間ができる、発熱する、Wi-Fiが切れるだった。本作の工作精度は向上しているのか?

 

MacBook Proの二つ並んだThunderbolt3ポートに、同じく二つ並んだUSB-Cオスを差し込むスタイル。

 

ポートは、

Mac接続用USB-Cのオスポートx2。もしかしたら、少なくとも一方はThunderbolt3ではなく、USBかもしれない。

 

本体の腹に

USB-Cメスポートx1。Thunderbolt3。pd対応(87W可)。

HDMIx1

USB-A (USB3.0、900mA)x2。

 

本体の頭とお尻にあるUSB-Cx2。

ポートへの電力供給能力は10~20W。

 

このポートに「小物」を挿して、Ether、SD/TFカードリーダー、追加のUSB-A(USB3.0)を提供する。

「小物」の発想は面白い。だが、デザインを揃えるためにサイズを大きくしている様に見える。結果として嵩張る。おそらく価格も高くなっているはずだ。

本体のポート合計は8。小物は3種類。どう計算すると10in1の10になるかは不明。

 

本体のサイズは10x3.2x高さ不明cm。高さは1cm前後か。

109g?(商品重量と発送重量が同じ)。

8999円(Amazonの価格)

 

Teslong®Mac usbハブ 10 in1レビュー MacBook、iPad Pro

(『USB-C 3ポートのUSBハブ』で紹介したTeslong®Mac usbハブ 10 in1のレビューです。)

USB-Cポートのうち箱の短辺中央に付いているものは、なんと、Thunderbolt3!

そのためか、Fan内臓!!

 

MacBookはThunderboltを持っていないので、Thunderboltはこのmacではサポートしていないというメッセージが時々でる。出る条件ははっきりしない。

残りの2ポートの内、Power Inputとラベルがつけられているものは本当に電源だけで、HDDを繋いでも認識されない。この点、ELECOM U3HC-A424P10WH USBハブより劣る


HDMI、Ether、オーディオ/マイクポート(の出力)を試した。これらは、iPad Pro、MacBookで稼働した。


給電能力を調べた。

調べた結果、

・PDポートは67W前後まで対応している様に見える。

・USB-CポートとThunderbolt3への給電の調整が下手の様に見える。その結果、需要が大きい時、給電が安定しない。

・本製品とACアダプターのみではUSBポートに刺さったiPad等に給電できない。この点、USB-Aに給電ポートがあるHooTooに劣る。

・その結果、87Wアダプタと本製品で多ポートACアダプターを代替できればという希望は潰えた。


1. 給電チェック(単体)

29W ACアダプタ---Teslong---Thunderbolt―MacBook 24W

29W ACアダプタ---Teslong---Thunderbolt―MacBook Pro 24W

87W ACアダプタ---Teslong---Thunderbolt―MacBook 30W

87W ACアダプタ---Teslong---Thunderbolt―MacBook Pro 55W


2. USB-Cの給電能力チェック

 

       Teslong

87W ACアダプタ---+---Thunderbolt―MacBook Pro 55W

         +---USB-C―MacBook 12W

 

       Teslong

87W ACアダプタ---+---Thunderbolt―MacBook  30W

         +---USB-C―MacBook Pro 15W

 

PDポートは67W前後の能力のようだ。

 

       Teslong

29W ACアダプタ---+---Thunderbolt―MacBook  安定せず、USBの電力消費が多すぎるという警告が出た。

         +---USB-C―MacBook Pro 安定せず

 

       Teslong

29W ACアダプタ---+---Thunderbolt―MacBook Pro  安定せず。

         +---USB-C―MacBook 安定せず。


iPad Pro/iPhone

       Teslong

29W ACアダプタ---+---Thunderbolt―ナシ

         +---USB-C―iPad Pro 安定せず。iPhoneでも安定せず。

 

       Teslong

29W ACアダプタ---+---Thunderbolt―ナシ

         +―USB-A―iPad Pro 給電せず。iPhoneでも安定せず。

       Teslong

87W ACアダプタ---+---Thunderbolt―ナシ

         +---USB-C―iPad Pro 安定せず。iPhoneでも安定せず。

 

       Teslong

87W ACアダプタ---+---Thunderbolt―ナシ

         +―USB-A―iPad Pro 給電せず。iPhoneでも安定せず。


       Teslong

29W ACアダプタ---+---Thunderbolt―MacBook 安定せず。

         +---USB-C―iPad Pro 安定せず。

       Teslong

29W ACアダプタ---+---Thunderbolt―MacBook Pro 

         +―USB-A―iPad Pro 充電中

 

・HDDテスト

       Teslong

29W ACアダプタ---+---Thunderbolt―MacBook 給電中

         +---USB-C―HDD OK

         +―USB-A―(空き)

         +―USB-A―(空き)


       Teslong

29W ACアダプタ---+---Thunderbolt―MacBook 給電中

         +---USB-C―HDD OK

         +---USB-A―HDD OK

         +---USB-A―(空き)


       Teslong

29W ACアダプタ---+---Thunderbolt―MacBook 給電不安定

         +---USB-C―HDD 認識されず

         +---USB-A―HDD 認識されず

         +---USB-A―HDD 認識されず


       Teslong

87W ACアダプタ---+---Thunderbolt―MacBook 給電中

         +---USB-C―HDD OK

         +---USB-A―HDD OK

         +---USB-A―HDD OK


[Teslong®Mac usbハブ 10 in1仕様]

USB-C x3(全てメス。1ポートはPDで100Wまで?、1ポートはThunderbolt 3)、USB-A x3(USB3.1 Gen1)、HDMI、Ether(1000Mbps)、3.5mmオーディオ/マイク、TFカード、SDカード。

 81.6g、12.8 x 9.8 x 2.8 cm

大手オンライ書店の価格7899円

出所不明となり確認できないが、PD external 5V 2.5Aという情報があった。

 

まだまだあるUSB-Cハブ

USB-C 3ポートのUSBハブ』を書いた後もUSB-Cポートを持つハブばかり検索していたからか、新しい/古いハブも紹介された。

価格は大手ネット書店様のもの。

 

先ずは販売前の製品から。

 

・DST-TB301SV Thunderbolt(TM)3 ドッキングステーション(ELECOM)

USB-C x2(Thunderbolt3、いずれもメス。アップストリームポート60W、ダウンストリームポート最大15W(5V3A))、USB-A x5(USB3.1 Gen1(5Gobs)。供給電力値最大15W(5V/3A))、HDMI、Ether(~1000Mbps)、3.5mmオーディオ出力、SDカード、電源ジャック(60Wまで。ACアダプタ付き(60Wかは不明))。

450g(除ケーブル、恐らく除ACアダプタ)、23 × 8.73 × 2.7cm。

66309円!!(ELECOMの価格は69,142 (税込))。(2018/11/19発売予定)

 

『USB-C 3ポートのUSBハブ』で紹介したサンワ 400-HUB063ACと同様電源ジャックを持つ。故にUSB-Cポートを2個使える。

問題は価格。発売後の値崩れを待つのが妥当か。

 

・U3HC-DC03BBK(ELECOM)

USB-C x3(オスx1(ケーブルの先)、メスx2(1ポートはPD))、USB-A x2(USB3.1 Gen1(5Gbps))、HDMI

供給可能電流:PD以外のポートの合計2.55A(各ポート850mA未満)。

56g、8 × 7.6 × 1.1cm。

4023円。

正方形に近い筐体に尻尾が生えた形状。2016年の製品。

給電能力が非力。

下記U3HC-A413BBKにある「ACアダプタ不要のバスパワー専用タイプ」という断りが無いので、セルフパワーかもしれない。但し、説明にはバスパワーとなっている。


・U3HC-A413BBK

(上記U3HC-DC03BBKからHDMIポートを取り除いたもの。「ACアダプタ不要のバスパワー専用タイプ」と上記U3HC-DC03BBKには無い文言が説明にある。)

USB-C x3(オスx1(ケーブルの先)、メスx2(1ポートはPD))、USB-A x2(USB3.1 Gen1(5Gbps))。

供給可能電流:PD以外のポートの合計2.64A(各ポート880mA未満)。

54g、8 × 7.6 × 1.1cm。

1661円(因みにELECOMがつけた価格は15,347円 (税込))。

正方形に近い筐体に尻尾が生えた形状。2016年の製品。

給電能力が非力。

 

USB-Cハブ ELECOM U3HC-A424P10WHレビュー iPad Pro、MacBook

某Kデンキへ行き店員さんに展示中のiPad Pro 2018 Fallを示し、「これ用のハブはありませんか?」と尋ねたところハブ売り場に案内してくれた。

そこにELECOMのU3HC-A424P10WHがあった。BK(黒)も。形状はAppleのUSB-C Digital AV Multiportアダプタによく似ている。側面にRがつけられた白い箱の後ろ側の真ん中からUSB-Cメスが尻尾のように飛び出している。

 

USBの仕様がUSB3.1 Gen2なので高速が期待できる。当方にはSDDは無いので速度の実験はできないが。

 

図1のように、USB-CポートのオスをMacBookに、USB-CのPDポートにはMacBook付属29W ACアダプター、残りのUSB-CにはiPadに挿した。すると双方とも充電中となったが…。

・図1

   (U3HC-A424P10WH)

MacBook― + ―USB-C PD―29W AC adapter

      + ―USB-C―iPad Pro 12.9 2018 Fall

 

MacBookのシステムレポートによれば電圧は21W。直接ACアダプターに挿せば29Wだから8Wがハブ用と推定できそうだ。

上記をMacBook Proに変えたら86Wが78Wになった。やはり、8Wがハブ用と推定できそうだ。製品説明にあるPD以外のポートの合計1.6Aと符合する。

図1の構成でiPad Proの充電速度を調べた、39分間で46%から51%の5%増加。分あたり0.13%弱。

MacBookiPad ProをUSB-Cケーブルで直挿しにすると37分で51%から60%で9%増加。分あたり0.24%強。但し、MacBookのバッテリーは24%減った。

 

逆に、オスをiPadに挿し、USB-CをMacBookに接続した(図2)。双方とも充電中になったが、MacBookのシステムレポートによればたったの2W。

・図2

       (U3HC-A424P10WH)

iPad Pro 2018 Fall― +―USB-C PD―29W AC adapter

                                   +―USB-C―MacBook

 

ACアダプターを強力なものにしても2Wのまま。Macを使っていると当然バッテリーの残量が減る。

 

図3のように、このハブをMacBookに挿し、USB-C PDに29WのACアダプターを挿し、USB-CとUSB-Aに3個のHDDを接続したところ、3個とも認識した。電力を食う古いHDDでも同様かは不明だが、次の実験からすると不安が残る。(2018/11/15 製品説明に次「バスパワー時:パソコンの給電力に準ずる」が付加されたので、大丈夫と思われる。)

・図3

   (U3HC-A424P10WH)

MacBook―― + ―USB-C PD―29W AC adapter

       + ―USB-C―HDD

       + ―USB-A―HDD

       + ―USB-A―HDD

 

上記の状態からUSB-CポートのHDDをunmountして外し、PDポートからACアダプターを外したら、残りの2個のHDDの電源が一瞬落ちた。

 

空いたUSB-C PDポートにHDDを挿したところHDDを認識した。PDポートは単なる電力ポートでは無く、データ通信もできることが判明。

 

空いているUSB-CポートにACアダプターを接続しても給電は開始しない。

 

この状態だと、電力消費量が多すぎるから外せという警告と、HDDが不正にイジェクトされたという警告をMacが出した。

 

MacBookMacBook Proに変えたらHDD3基でも駆動できた。勿論、保証はしません。(2018/11/15 製品説明に次「バスパワー時:パソコンの給電力に準ずる」が付加されたので、大丈夫と思われる。)

 

USB-Aの端のポートはBC1.2対応なので5V 1.5A供給できる。中よりのポートと比較してみたところ、3倍の速度でiPhoneを充電できた。だが、USB ACアダプターにはiPad用として2.1A対応が普通にある。


結論は、

良いが、セルフパワー時の電力供給が弱い。新しいMacBook Air 2018ならThunderbolt3のポートが2個なのでカバーできるが、USBポートが一つしかないMacBookやPCだと工夫が必要となる。

 

[U3HC-A424P10WH仕様]

USB-C x3(オスx1(ケーブルの先)、メスx2(1ポートはPD))、USB-A x2(USB3.1 Gen2(10Gbps)。更新された説明図によると右端のポートはBC1.2対応なので最大5V1.5Aを給電できる。)。

セルフパワーの時、PD以外のポートの合計1.6A。(2018/11/15 次が付加「バスパワー時:パソコンの給電力に準ずる」)

39g、7.5 × 4.2 × 1.4cm

大手オンライ書店の価格5048円。(2018/11/15 3円値上げして5091円)


 

USB-C 3ポートのUSBハブ

これから出かける時はMacBookiPad Pro 12.9 2018 Fallを持って行くことが多くなると思う。問題の一つは給電。荷物は少なくしたいのでMacBookiPad ProのACアダプターを一つにまとめたい。残念なことにACアダプターでUSB-Cポートが2個のものは見つけられなかった。


となると、60WぐらいのUSB-Cポート付きのACアダプターでMacに給電し、Macに接続したUSBハブからUSB-CでiPadに給電できると良い。それにMac用にしろiPad用にしろUSB-C対応の周辺装置も増えている。


ところが、USB-C対応のUSBハブの多くはUSB-Cのポートはオス1とメス1の2個。


一所懸命探したら、USB-Cポートが3個のものは6種見つかった。4個以上持つものは見つけられなかった。


・LENTION USB-Cドッキングステーション

USB-C x3(全てメス。1ポートはPD。USB3.1 Gen2(10Gbps))、USB-A x2(USB3.1 Gen1(5Gbps))。他にはHDMIVGA、Displayport。

100g、12.7 x 6.2 x 1.4cm。

USB-AとUSB-Cへ60Wまで供給可能(amazon.com)


デスプレイ優先の構成。惜しむらくは価格。オンライン本屋さんでは9999円の根がつけられていた。(以下価格は同本屋さんのもの)


・Teslong®Mac usbハブ 10 in1

USB-C x3(全てメス。1ポートはPDで100Wまで?、1ポートはThunderbolt 3)、USB-A x3(USB3.1 Gen1)、HDMI、Ether(1000Mbps)、3.5mmオーディオ/マイク、TFカード、SDカード。 81.6g、12.8 x 9.8 x 2.8 cm

7899円

Thunderboltが付いているためかFan内臓!!。


・URBEST ハブ

USB-C x3(全てメス。1ポートはPD、USB3.1 Gen2(10 Gbps))、USB-A x2(USB3.1 Gen1(5Gbps))、HDMI、Ether(1000Mbps)、3.5mmオーディオ/マイク、SDカード。

重さ449g(他と比べるとずいぶん重い。包装込みにしても重い。)、10.3 x 6.7 x 4 cm、PD 87Wまで

6800円


・U3HC-A424P10WH,BK(ELECOM)

USB-C x3(オスx1(ケーブルの先)、メスx2(1ポートはPD))、USB-A x2(USB3.1 Gen2(10Gbps)、端のポートはBC1.2対応(5V 1.5A))。

セルフパワーの時、PD以外のポートの合計1.6A。(2018/11/15 次が付加「バスパワー時:パソコンの給電力に準ずる」)

39g、7.5 × 4.2 × 1.4cm

5048円(2018/11/15 3円値上げして5091円)。

給電能力が非力。

 

・U3HC-A423P5WH,BK(ELECOM)

上記U3HC-A424P10WH,BKのUSB-AをUSB3.1 Gen1(5Gbps)にしたもの。

4162円

 


総じて給電能力が非力。セルフパワー時の供給電力が弱くてもバスパワー時は強いかも、と期待すると残念な結果となるかも。


・サンワ 400-HUB063AC

これのUSB-Cポートは2個しかない。だが、400-HUB063ACはACアダプターも兼ねている。なので使えるUSB-Cポートは2個ある。

USB-C x2(全てメス。アップストリーム用、ダウンストリーム用)、USB-A x2(USB3.1 Gen1(5Gbps))、HDMI

給電能力は最大52.5W(充電は最大45W)。

230g((本屋さんの説明には「■重量:約230g(本体除く) 」とあるが、ミスと思われる)、8.15 × 6.4 × 3cm。

11800円。

これの問題点はUSB-Aに接続するHDDはセルフパワーであること(取説)。iPhoneを充電すると夜が明けそうだ。

もう一つの問題点は価格。11800円。

更に付け加えると、ケーブルでコンセント繋ぐこと。