「ナショナリズムを煽りすぎる」じゃあ、どう応援すれば>青木理

メディアが無邪気にナショナリズムを煽りすぎる。日本頑張れ一色だ。例えば、英国BBCは、戦争時に、客観報道のため、メディアは「我が軍」ではなく「英国軍」を使いなさいと言っている。

 

青木理ちゃんの言葉だ(藤原かずえ様 https://twitter.com/kazue_fgeewara/status/1013234224789258240)

 

そうそう、理が通らない青木埋ちゃんの愛称は埋ちゃんにしたんだ。

 

青木埋ちゃんはちょっと平均的な人と違うようだ。普通の人は自分の帰属するところに愛着を抱く。

出典を示せないが、こんな心理実験があった。団体競技の運動をしてもらうと被験者を集め、青チームと赤チームの対戦の録画を見せ、感想を聞いていく。被験者は「青チーム下手だね」などと批評する。途中で「あなたは青チームです」と告げると被験者の批評のトーンが変わり青チームに好意的になる。

 

私は無知なのでセネガルのことは一つも知らない。コロンピアについても犯罪が横行する怖い国だというイメージが強い。

ポーランド親日国であり、近年では独ソに分割された不幸な歴史を持つ国と言うことは知っている。ソ連カチンの森ポーランドの将校を大量に殺害したこと、対戦末期にソ連ワルシャワで蜂起を起こさせたのに、蜂起を助けず、将来の統治に邪魔になるなのであろう蜂起軍をドイツ軍に始末させたことも。また、ソ連ポーランドの領地を削り、代わりにドイツの地をポーランドに与えたことも知っている。

だが、次のことも知っている。

ポーランドはドイツから得た地から本来の住人であるドイツ人をほとんど全て追い出した。ユダヤ人をナチが呆れるほど虐殺した。

 

にわかファンで、近眼の私としては、誰がボールを持っているのかはわからない。国別の試合でもあるW杯で「日本ガンバレ」と叫ぶことになっても不思議はないのだ。

 

青木埋ちゃんはBBCが「戦争時に」「「我が軍」ではなく「英国軍」を使いなさい」と言っていると書いた。

W杯は「戦争時」なのか(笑)。

 

それに、青木埋ちゃんはジャーナリストだ(った)。ナイーヴなふりをして、BBCが客観性を装って謀略放送をしていたことを知らなかったと言うのだろうか。

 

だが、そんな言い訳は通用しない。

 

何しろ青木埋ちゃん自身が常日頃ディスインフォーメーションをしているのだから

「日本は内向きになっている。」サンモニ寺島実郎

海外から日本にやってくる人の数は21世紀になって5倍になったが、日本人が海外に出る数は動かない。出国者より入国者が1千万人以上多い日本は内向きになっている。

 

上記はサンデーモーニングでの寺島実郎翁の発言だ(藤原かずえ様 https://twitter.com/kazue_fgeewara/status/1013230613954887680

)

 

別稿でも寺島翁の計数能力の無さと浅慮を取り上げたが本項でも指摘せざるを得ない。

 

私は海外SF小説が好きなので良く読む。早川と創元の文庫が主になるが、一月に4冊程度しか出ない。この「数は動かない。」さて、私はSFが嫌いになったと言えるのか。

 

反安倍の人は失業率が下がったのは少子高齢化が進んだからと言う。少子高齢化が進めば海外旅行者数も減るだろう。だが、「日本人が海外に出る数は動かない。」

と言うことは、「日本は内向きになってい」ないのでは(笑)

 

翁のような金のある高齢者には実感はないだろうが、「お金の若者離れ」がこの20年間続いていた。とすれば、海外旅行が増えなくとも不思議はない。

「日本は内向きになっている」と評すなら、寺島実郎翁は成長戦略を訴えるのが理の当然なのだが。

 

海外では難民が増え治安も悪化している。ロンドンではスクーターギャングが暴れ、パリでは人の集まるところでは身体検査もされる。テロに巻き込まれたら命すら危ない。何処へ行っても、うるさく街を汚し嫌われる支那人が跋扈している。不幸にして日本人は朝鮮人支那人との見分けがつけにくい。間違われて不愉快な体験をする可能性も高い。

それなのに海外旅行したいと思うか?

老人の7割は安倍支持になる サンモニ寺島実郎の現実遊離

日本の高齢者の7割以上の人が今の政権を支持していくという流れがある。背景にはこの政権下で株が2倍になった。株の7割以上は高齢者が持っている。

 

上記はサンデーモーニングでの寺島実郎翁の発言だ(藤原かずえ様 https://twitter.com/kazue_fgeewara/status/1013225385348100096

 )

 

寺島翁はWikipediaによると1947年生まれ。高齢者の一人なので上記発言は重みが…無い。

翁の経歴を見ると三井物産に入って業務部総合情報室長や三井物産戦略研究所で会長をやって多摩大学の学長もした。

まともそうな経歴なのにこんな老人特有の症状が出ているような発言をするとは。翁が行う(として)戦略研究の貧しさが予想できた。

 

多摩大学楽長ということに更に触れておく。昨今、大学教員の発言を見ると学生の就職率が上がったと喜んでいる。少なくとも、その点では大学教員の多くはアベノミクスを良としている。多摩大学二つの学部の偏差値は35.0と37.5。翁は教授も兼任していることになっているようだ。もし、本当に学生と接しているのなら、安倍総理に足を向けては寝られないはずなのだが。

 

・「この政権下で株が2倍になった。」

嘘は言わないこと。

民主党末期の株価は8500円程度。2倍なら17000円程度でしかない。確かに安倍政権発足時の株価は1万円を超えていたが、これはご祝儀相場と景気が良くなることを織り込んだ結果だろうと私は判断する。

 

更に、東芝の株を持っている人はどうなんでしょうね。株にはあたりはずれがあるのだ。

 

・「株の7割以上は高齢者が持っている。」

株には枚数と時価がある。株の7割とは時価でなのか、枚数でなのか区別しないと正しい分析はできない。

 

次に、株を持つ高齢者は平等に分けて株を持っているのか?

ミュージカル「マンマ ミーア」にも使われたAbbaの曲にWinner Takes it Allという曲がある。勝者総取りという意味だ。Abbaの曲は失恋の詩だが、金銭面でもこれは成り立つ。

会長や学長を務めた翁のような高齢者が7割の全てを取っていたらどうなのだ?残りの敗者は「株価2倍」の恩恵は受けられない。翁のロジックからすれば、敗者は政権を支持しない。

 

藤原氏Twitterのreplyにhanab_yi @hanab_yi様が日経調査の年代別政権支持率のグラフ掲載していた。それを見るまでも無く高齢者は政権不支持だ。麻生財務大臣も新聞を読む高齢者は政権不支持だという趣旨を述べ、メディアの袋叩きに遭った。

 

翁の老人特有の症状が出ている迂遠な精神にはこのような雑事は届かないのだろう。

 

だいたい、平等に高齢者が株を持っているなら、老人福祉の問題など大きな懸案にはならないのだ。

 

そもそも、サンデーモーニングが続いているのは貧しいお年寄りが多いからだろう。

 

寺島翁は団塊の世代。賢くもなさそうな彼があげた業績は日本経済が円安で好調だったからと見るべきなのか。

いやいや、「株の7割以上は高齢者が持っている」ことを、高齢者の7割が株を大量に持っていて「この政権下で株が2倍になっ」てにんまりしていると騙す手口に長けていたと見るべきなのだろう。

 

習近平(シーチンピン)と若い母親との卑猥な関係

近年習近平皇帝にはシーチンピンとフリガナがつけられます。これには何か恥ずかしいよな違和感を覚えていました。

 

友人のところへ行ったら、その理由がわかりました。彼女にはオムツが取れていない男の子の赤ちゃんがいます。運悪くオムツを取り替える場に居合わせることになりました。

オムツを外すと、小さなおちんちんがとんがっています。

彼女は「まだ、おしっこしてないね。シーシー」と赤ちゃんにおしっこ出すように促しました。

 

その時です。シーチンピンの語感がいやらしい理由に気がついたのは

 

習近平を二重にすると習習近近平平。

これにフリガナをつければ、シーシーチンチンピンピン。

 

「シーシー、おチンチンピンピンだね。」と若い母親がいいそうです。

 

私の発見を彼女に話したら、「彼にも言ってみる」と笑っていました。

 

その夜、ウェト アンド メッシープレイがあったかは定かではありません。

 

 

 

  

朝日新聞、民意と違う野党へ辞任勧告は?

朝日新聞は2018/05/20 22:09に世論調査の結果を公表(https://www.asahi.com/articles/ASL5N4SQYL5NUZPS002.html)

した。

 

自民維新公明とパ党諸党の支持率が以下のように掲載されている。(数値は%。カッコ内は前回調査)

 

自民党 36 (33)

立憲民主党 9 (10)

国民民主党 1 (-)

公明党 3  (4)

共産党 3 (3)

日本維新の会 1 (1)

自由党 0 (0)

希望の党 0 (-)

社民党 0 (0)

日本のこころ 0 (0)

その他の政党 0 (0)

計 53

自由党のような数議席程度しか持っていない政党の議席と支持率は誤差の範囲として良しとしよう。

 

問題は国・立・両民主党、特に、国民民主党だ。

国民は支持率1%なのに衆院では39名もいる。衆院の定数は465なので、不当にも、8倍の8%のシェアを持っている。

 

立民についてはより緻密に分析する。

支持率合計は53%。自民は36%。(36÷53)×465=316。実際は283人でしかない。

次に自公で見ると((36+3)÷53)×465=342議席あってしかるべきだが312議席しかない。

国民の場合は(1÷53)×465=9人となり30人も多い。

立憲の場合は(9÷53)×465=79人で実際の54人より少ない。

 

総選挙のとき、朝日新聞は世論調査を以って民意とした。ならば、朝日は今回の世論調査も民意としなければならない。さもなければダブルスタンダードの誹りを免れない。

 

当然、朝日は、困眠党議員に辞任を迫らねばならないはずだ。

元毎日新聞記者でアジテーター芸人の岸井成格の契約不履行。

毎日新聞記者でアジテーター芸人の岸井成格が死亡した。

享年73年なので天寿を過ぎるほど満喫したと言える。

故人の成仏を無駄と知りつつもお祈りする。

 

 

アジテーター芸人岸井は自分が知りもしないことを喋ったりして突っ込まれていた。それもあってか、岸井は論争を避けていた。ボロが出てしまうと恐れていたからだろう。

先に「喋った」と書いたのは理由がある。この御仁は文章を書かなかった。毎日新聞の訃報(https://mainichi.jp/articles/20180516/k00/00m/010/100000c)には

>著書に「大転換 瓦解へのシナリオ」「議員の品格」、主な共著に「政変」「政治家とカネ」などがある。

とあるが、正しくは

「著書に「大転換 瓦解へのシナリオ」「議員の品格」、主な共著に「政変」「政治家とカネ」程度しか無い。」

 

出典が示せないのだが、岸井は

自分の芸風の原点は、権力監視できなかった戦前の報道への反省にある、

のようなことを言っていた。

南朝鮮の言葉に「歴史を忘れた民族に未来は無い」がある。岸井も歴史を知らなかった。自分に都合の良い歴史をでっち上げ、そこに安住していたからだ。

上記「権力監視ができなかった戦前の報道への反省」にも岸井の歴史でっち上げが当てはまる。

岸井は毎日新聞に所属していた。そう、「百人斬り競争」の毎日新聞だ。

戦前の毎日新聞も権力の監視をしていた。平和志向の権力を監視して「手ぬるい」と指弾し、戦争を煽っていたのだ。

 

岸井は歴史を知らずに「反省」した。結果、その結論も歪んだものとなった。

正しく反省したなら、アジテーター芸人にはならなかったろう。

 

 

新聞は嫌いだと言う佐藤栄作総理の辞任会見の場で、

岸井が音頭をとって新聞記者を退席させた、

テレビには佐藤元総理の独演が映しだされた、

毎日新聞は得意げに報じた。

 

岸井と新聞の姿勢には大きな問題があると思う。

 

新聞が2,3日配達されないので販売店にクレームを入れたら、慌てて当日の新聞とタオルか何かを持って謝りにきたと聞いたことがある。かくも販売店は契約履行に気をつかっている。

 

新聞社サイドからすれば、ニュースはおまけで広告を配ることが真の目的かもしれないが、新聞を買う理由はニュースを読むためだ。岸井の行動やそれを良しとする新聞は契約履行を等閑視した。

 

同時に、テレビに報道を委ねたことで、報道面においても、テレビに敗北宣言をしたに等しい。

 

嘘といえるか?「時間の都合がつく限り、どなたであってもアポイントがあればお会いした」ゲンダイ

『真偽を検証 柳瀬氏答弁「アポがあれば誰とでも」は大ウソ』は日刊ゲンダイが2018/05/12に掲載した記事だ

(https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228965)。

 

記事では日刊ゲンダイの記者が佐伯耕三総理秘書官にアポをとろうと連絡を入れた。

3時間後秘書官付の職員から「プレスの方との面会は、取材であるか否かにかかわらず、全てお断りしています」とお断りの電話があった。ゲンダイは「取材ではない」と食い下がったがゲンダイの妄想は叶わなかった。

これをもってゲンダイは「門前払いだったからフザケている。」「柳瀬答弁は何から何まで全てウソだ。」

と喚いている(笑)。

 

論理的に考えてみよう。

第一に柳瀬前秘書官と佐伯秘書官は別人だ。二人が同じ原理で面会すると限らない。

私と隣町の村田さんが共に町内会長だとしよう。

村田さんは改憲賛成に署名した。私は署名しなかった。「同じ会長なのにどうして署名しないのよっキーーーーッ」と怒るのと同じ理不尽さに気付よ>ゲンダイ記者

 

第二に、ゲンダイは「取材ではない」のなら何のために佐伯秘書官に会うのか。

 

柳瀬秘書官が「時間の都合がつく限り、どなたであってもアポイントがあればお会いした」のは世の中から乖離しないためと答弁した。

 

仮にゲンダイがアポを取ろうとした相手が柳瀬前秘書だとしよう。

 

だが、「時間の都合がつく限り、どなたであってもアポイントがあればお会いした」い柳瀬前秘書官でも時間に限りがあれば、会う人を選別する。

ゲンダイの記者はどんな手土産を用意したのだろう。ゲンダイの記者風情が柳瀬前秘書官が欲しがるような情報を持っているとは考えにくい。持っているとしてもせいぜい二次資料か三次資料だ。それも歪んだもの。柳瀬前秘書官は一次資料に当たることができる立場なのだ。

また、会わなければならない義理も無いだろう。

 

 

そうそう、論理的に、だった。

「時間の都合がつく限り、どなたであってもアポイントがあればお会いした」という言明には仮定が含まれている。

1.時間のつく限り

2.どなたであっても

3.アポイントがあれば、

だ。

ゲンダイの記者は2.を満たしているだけだ。会えなくて当然なのだ。

 

それに、柳瀬前秘書官は「どなたであってもアポイントを受ける」とは言明していないことに気付よ>ゲンダイの記者