日本は支那ではないのに省令。立憲民主党の地方からの草の根反乱ビジョン。

 

立憲民主党が『【東京】「地域から多様性のある候補者を議会に送ってほしい」と枝野代表が呼びかけ』なる呼びかけのアピール(https://cdp-japan.jp/news/20190420_1579)

をした。

 

立憲民主党には帰化人が多い。いや、帰化とは「君王の徳化に服従すること」(「後漢書童恢伝」 スーパー大辞林より)。

立憲民主党帰化人たちの言動をみると便宜置籍船ならぬ便宜置国籍でしかない。とても帰化人とは呼べない。だから彼らが日本の制度を真剣に学ぶはずはない。染み付いた習慣に従って行動する。立憲では支那系が朝鮮系他より幅を利かせているようだ。(村田蓮舫二重スパイ(51)は台湾出身だが、元々は大陸系の外省人)

 

その証拠が上記アピールだ。

<枝野代表は、地方議会には省令を作る>

役割があるとした。

そして、

<新たな「令和」の時代に当たっては、「まっとうな政治」>

をするとしている。

 

「令和」への罵詈雑言を思い出そう。命令の「令」が入っているから人民を抑圧する意図があるというのもあった。

 

地方自治体のあり方の議論の一つに道州制の導入がある。

枝野手先は、道州制ではなく、支那の省の導入を目指しているようだ。そして、省の導入は立憲の広報にも浸透している。

 

枝野手先と麾下の立憲民主党は地方議会を乗っ取っり、立憲民主党が命令を省令を下し人々を従わせようとしている。ソ連ではソビエト(=「会議」、評議会」)が命令を下した。そのシステムの真似をしようとしている。

日本でも東大は出たが国民の負託を受けていない官僚による法律違反が疑われる文部省省令で加計学園騒動のように国政が歪められた。枝野手先と麾下の立憲民主党支那のように法令条例より省令が優先する社会を築きたい。それが「令和」の「まっとうな政治」なのだ。

 

 

共産党選挙闘争にみる不法侵入不法占拠窃盗事案 清貧?遵法? 何それ? 共産党

 

共産党候補(当時)野垣あきこさん(38)の選挙カーの涙ぐましい駐車代金節約が話題になった。共産党選挙カーがコイン駐車場のロック板を踏まないよう、絶妙に駐車していたところを写真に撮られ拡散されてしまった。

 

選挙カーは駐車して移動してまた駐車してを繰り返す。路駐したいところだが、取り締まりや世間の目が厳しい。仕方なくコイン駐車場を利用した。が、出たり入ったりだと料金が嵩む。少なくとも、野垣あきこさんの予算は厳しかったのだろう、敢えて違法行為を選択した。

 

発覚した時のゴタゴタが共産党らしかった。第三者が違法行為の現場を撮影していると

見張りが現れ、

その後、見張りに応援が駆けつけ、

撮影者を攻撃した。幸い、この時点で撮影者の物理的被害は党員もしくは党支援者の唾液を浴びただけで済んだ。

さすがは共産党。公安の監視対象だけあって善意の第三者でも公安の手先に見えるのだろう。

 

この事案を共産党の闘争という視点から見ると次が浮かび上がる。

・監視要員が配置し、選挙カーなどを見張る。

・異常を発見した場合、即座に連絡するよう監視要員を訓練しておく。

・相応できる連絡体制を用意しておく。

・通報があれば即応できるよう要員を確保しておく。

・即応要員の移動手段も確保しておく。

・即応要員には戦闘訓練を施す。

 (今回観察された戦闘訓練の成果は

 人数による威圧

 デマを言い募ること

 屁理屈をこねること

 偽証人の準備

 等)

おそらく、入念な演習も繰り返し実施したと思われる。

 

 

ネットでは駐車料金を倹約する共産党のセコさが話題となっているが、注目すべきはそこでは無い。

 

共産党の道徳と遵法精神の欠如だ。

 

おそらく、駐車場の持ち主は大企業ではないだろう。もしかしたら、ご近所の優しいおばあさんかもしれない。

共産党は「資本家」というレッテルを発明して、ご近所の優しいおばあさんにを「資本家」と認定する。これで「資本家」と「労働者」で分断でき、支那ソ連共産党は平気で「資本家」とレッテルを貼られたご近所の優しいおばあさんを虐殺してきた。

 

今回のケースでは、ロック板を踏めば敵である「資本家」を利する。だから料金を踏み倒す「窃盗」で「資本家」に打撃を与える策に出たのだろう。

 

今年は統一地方選挙参院選、もしかしたら衆院選もある。老齢化した党員の脱落、難しくなったしんぶん赤旗の押し売り、これらなどが共産党の財政を悪化させている。

もしかしたら、党から野垣あきこさんへ自力更生せよと指令が出て、野垣あきこさんは「窃盗」に走ったのかもしれない。

 

が、共産党は「窃盗」ではないと言う。ミスだと主張する。後述の選挙違反を見ても共産党の主張は眉唾だ。共産党はこの件について

・8日から使用していた。

・全ての領収書がある。

と主張している。(https://pbs.twimg.com/media/D4VY5xmUUAAFX60.png:small)

 

 

共産党は自分たちは科学的としばしば言うが、上の主張は科学的でない。

隙があれば万引きをする共産党子さんが現場を押さえられた。

党子さんは「今日はうっかりしただけです。今までのレシートは全て保管してあるます」と言う。

党子さんは「今日はうっかりしただけです。今まで全て買っていました。その証拠のレシートは全て保管してあるます」と言う。

納得してはいけない。レシートは買った分だけ。万引きしたもののレシートは無いのだから。

 

共産党が領収書を提出しても、それは買ったことがあることの証拠に過ぎなく、「窃盗」をしなかったことの証明にはならない。

 

野垣あきこ共産党党員の法律無視の態度は徹底している。

unknown.jpg

 

 

祝勝会を敢行すると宣言している。

公職選挙法をみると

 

(選挙期日後の挨拶行為の制限)

第百七十八条 何人も、選挙の期日(第百条第一項から第四項までの規定により投票を行わないこととなつたときは、同条第五項の規定による告示の日)において、当選又は落選に関し、選挙人に挨拶する目的をもつて次に掲げる行為をすることができない

一 選挙人に対して戸別訪問をすること。

二 自筆の信書及び当選又は落選に関する祝辞、見舞等の答礼のためにする信書並びにインターネット等を利用する方法により頒布される文書図画を除くほか文書図画を頒布し又は掲示すること。

三 新聞紙又は雑誌を利用すること。

四 第百五十一条の五に掲げる放送設備を利用して放送すること。

五 当選祝賀会その他の集会を開催すること。

六 自動車を連ね又は隊を組んで往来する等によつて気勢を張る行為をすること。

七 当選に関する答礼のため当選人の氏名又は政党その他の政治団体の名称を言い歩くこと。

(e-Gov http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=325AC1000000100#1686)

 

と明確に禁止されている。共産党は法律は他を罰する道具であり、革命を目指す前衛党はこれに縛られないと態度で示してきた。

 

これもその一つだ。

 

ネトウヨは排外主義ではない。東京新聞 虎ノ門ニュース関連報道への反論

東京新聞が2019/04/16に、13日に行われた桜を見る会に出席した虎ノ門ニュース関係者を揶揄する記事を書いた。

 

その中に

<排外主義的な思想を掲げるネット右翼(ネトウヨ)>

とあった。

 

まず、ネトウヨは(法律的にはともかく)ヘイト的な言辞であると指摘しておく。

 

本題。

世界には190以上の国がある。ネット右翼の方々は最低110ヶ国を排除しようとしてはいない。よって排外主義とは言えない。

多くはアメリカ、台湾、フランスなど世界の民主的な国々が大好きだ。

ロシアですら、数は減るだろうが、好意を持っている人が多いだろう。

 

ネット右翼が嫌いなのは、日本を敵視している国々だ。

支那、北南朝鮮が最初に日本ヘイトから始まって攻撃を仕掛け始めた。それらの嫌がらせや敵視に敏感な人が支那、北南朝鮮を嫌いになったのだ。

 

一般に、敵対関係にある国々、戦闘状態にある国々の国民は互いに相手を敵視する。これは排外主義では無い。

 

支那尖閣沖縄侵略を目論み、技術を盗み、投資益を日本に戻すことも許さない。

南朝鮮は解決済みの事案を蒸し返し、金をせびり、日本の悪口を捏造してを言いふらし、レーダー照射して敵意を示している。

北朝鮮は日本人を拉致し、核ミサイルで日本を脅す。また、サイバー戦も仕掛けている。

 

支那は超限戦という思想を持ち、実践している。少なくとも支那とサイバー戦を仕掛けている北朝鮮とは準戦争状態にある。日本人で敏感な人がこれらをに反応して当然だ。だが、反応する人の多くは嫌中嫌韓嫌北に留まり、敵視まではしていない。実に健全なのだ。

 

NHKの弱者ポルノ

障碍ある方々を応援するような番組は良い番組だと思う。

だが、誇張が過ぎれば、それは弱者ポルノだ

 

NHK

<ダウン症の男性がヒトの心動かす油絵を描く>

(けこにゃん @okeiko66様 https://twitter.com/okeiko66/status/1117555016892502016)

という放送をしたそうだ。

絵画は猿が絵の具を投げつけても(一部の人々が)感動する絵ができる。勿論、私は猿をけなしてはいない。

絵が本当に良ければ、ダウン症は軽く触れれば良いだけだ。

 

NHKは過去に弱者ポルノを放送してきた。悪いことにこれらの中には詐欺弱者ポルノが含まれていた。

・『奇跡の詩人 ~11歳 脳障害児のメッセージ~』(NHKスペシャル 2002/04/28 )

 重度の脳障害がある日木流奈(ひき るな)少年(当時)が詩集を執筆した。執筆方法は少年が文字盤を指で指しそれを母親が読み取るというもの。少年は手を自在にうごせないので母親が手を添えていた。ここで重大な疑惑が浮かんだ。詩は、少年ではなく、母親が書いているのではないか?!

NHKは釈明放送をしたが、少年が詩を作っていることを示せなかった。

続報が無いためNHKが結果的に視聴者を騙したという疑惑が深まった。

 

・『響きあう父と子 ~大江健三郎と息子 光の30年~』(NHKスペシャル 1994/09/18)

 沖縄について虚偽を書いている作家大江健三郎氏とその子息のストーリー。脳に障害がある光氏には音楽の才能があるそうだ。

 

・佐村河内氏

 説明するまでもない。

 

他にも脳死に近い状態に陥った幼女が動けるようになったことを報道した番組もあった。知能が回復してるようには見えなかった。

 

親や祖父母は自分の幼い孫子の絵を高く評価する。NHKは親や祖父母であってはいけない。

 

反安倍にみる歴史修正主義

最初に欧米では歴史修正主義者とは、そう見なされると社会的生命を終わりになる程強い否定のレッテルだと申し上げておく。

 

不幸なことに空自のF-35Aが墜落した。安否が気遣われる。

反安倍界隈では

アベがトランプのご機嫌取りのために買ったF-35が墜落した

のように言う。

 

F-35を買うことにしたのは、民主党

 

無かったことをあったことにする、ユダヤ人虐殺が無かったという主張と方向は逆だが、立派な修正主義だ。

 

反安倍界隈では安倍総理は少なくとも宇宙の始まりであるビッグバンの時には既に総理として存在していたと考えられている。

https://pbs.twimg.com/media/D4Q0YcqU4AAzx7w.jpg

(https://pbs.twimg.com/media/D4Q0YcqU4AAzx7w.jpg)

 

 

ここには二つの明確な歴史修正主義の事例が見られる。

 

福島原発事故が起きた時の総理は民主党菅直人

フランスの現大統領名の一般には使われる表記はマカロンではなくマクロン

 

少々微妙な歴史修正主義的事例は

「マカロン」大統領が2時間後に駆けつけたが、安倍総理はすぐに駆けつけなかった

という点。

フランスの地理と大統領の動静に詳しくはないのだが、ノートルダム大聖堂はパリ市内にある。福島第一原発は23区どころか東京都内には無い。

東京駅から福島駅までだけで(やまびこ147号で)1時間40分かかってしまう。

更に、原発事故が起きた2011/03/11は一部で降雪した。報道機関はヘリを飛ばしていたから大丈夫なのだろうけれど・・・。救助のために自衛隊もヘリを飛ばす。その邪魔になってはいけない。「マカロン」大統領のようなパフォーマンスはもっと後で良い。

それに私は安倍総理万能説を取らない。安倍総理が行けば、断線した電気系統に何故か電気が流れ出すとは信じない。無理して安倍総理がヘリで行っても対策作業には役に立つどころか邪魔になるだけだ。

更に、車で行こうとしても新幹線などで行こうとしても、2011/03/11に東日本大震災が起きため、通行は混乱していた。

 

このMasasyoshinakano@LOVE_BRZ666なる歴史修正主義者は東日本大震災が無かったことにしている。

ちなみにMasasyoshinakano@LOVE_BRZ666なる歴史修正主義者はアカウントを消した。「マカロン」大統領とMasasyoshinakano@LOVE_BRZ666、人間「としての資質、人格が違いすぎる。」

庶子さんは下関在住だとか。忖度発言で話題なった下関北九州道路にはどのようなご意見をお持ちなのだろう?

 

 

同性愛結婚を擁護する弁護士の苦闘(笑)

BuzzFeed.Newsが『同性愛者に「結婚」はいらないとする人へ。弁護士の反論をまず読んでほしい』(https://www.buzzfeed.com/jp/kensukeseya/s-marriage2)を載せました。

 

その中に

<2.結婚は子どもを産み育てるための制度ではないのか>

があります。説明は以下です。

<法律上、子どもを作らなければ、結婚できないというルールはない、と弁護団は解説する。

本来、結婚制度とは、当事者2人が幸せに暮らす権利を守るための制度。それゆえ、弁護団は「子どもを作れない同性カップルの結婚を否定する理由にはならない」との見解を示す。>

弁護士の苦衷が読み取れます。

まず、揚げ足を取りましょう。

<法律上、子どもを作らなければ、結婚できないというルールはない>

その通りです。法律は、

婚前交渉して子供が出来たカップルのみ結婚できる。

とは書いてありませんね。

 

弁護士はズルい。

<当事者2人が幸せに暮らす権利を守るための制度>と弁護士は言いますが、法律には<幸せに暮らす>なんて書いてありません。

<当事者2人>としていますが、憲法には「両性」「夫婦」とあります。ちょっとすり替えて意味を変えてしまう。流石です。

 

憲法が出ましたので一言。

弁護士は同性婚を認めるために憲法改正を要求していません。なぜでしょう。その手の弁護士だからでしょうね。日本を分断し、弱体化させたいからだと勘ぐってしまいます。

 

結婚とは性的に魅かれあった女性と男性が安定的に性的関係を持つことを公的に認めることから生まれた制度です。性的関係を持てば、そして、天の配剤があれば、子供が産まれます。見方にもよりますが、天の配剤はさほど厳しいものではありません。近世から戦前の日本の実績からすれば妊娠中や授乳を考慮して2年に一度可能です。

日本は伝統を大切にしています。出典は儒教だそうですが「三年子なきは去れ」という言葉があります。これを見ますと、結婚は<子供を作る>ことが要件(の一つ)であることが分かります。

結婚という制度が始まった頃の科学技術では結婚して子供が産まれるかどうかは事前に判定できませんでした。結婚して子供ができることを期待するしかありませんでした。

けれど、科学技術が発達していなかった当時でも子供が出来ないと判定可能なケースがあります。同性同士のまたは犬などとの性交渉です。

(ああ、弁護士の中には犬から生まれたような人がいるという反論は受け付けません。)

 

日本国憲法アメリカが作ったので英米法の流れを組みます。英米憲法ではなく憲法典を大切にします。即ち、法律に書かれていない合意を大切にするのです。

法律の字面しか見られない法律家は日本の法律家として相応しくありません。

報道統制 報道の自由度ランキングは正しいのかもしれない。

報道の自由度ランキングが発表された。日本は180ヶ国中67位。

ランキングを作っているのは「国境なき記者団」。

 

私は、この順位は妥当だと思うのだ。

 

森友加計学園騒動の時を思い出すと、新聞とテレビの論調が同じ。しかもテレビも新聞も森友加計学園騒動騒動ばかり報道していた。他の重要なテーマは軽視し、存在しないかのように扱った。中立でまともな人がこれを観測すれば、統制機関があると推定してしまう。

 

支那語もロシア語も読めないのでイメージでしかないが、人民日報、プラウダ聖教新聞しんぶん赤旗より統制されているように見える。

 

実際のところ、「国境なき記者団」やそれを印籠代わりに使いたがる人は自分の意見だけを報道したいのだろう。現実にヘイトスピーチをかざして他の口を閉ざしている。百田尚樹氏の講演会妨害は報道しないが、香山リカ言論抑圧者の講演会是正を問題視し報道する。

 

彼らがやりたいようにやらせても、報道の自由度ランキングは上がるかもしれないが、報道統制は強まるばかりだろう。