役人を術中にはめたった(笑) 森友学園 学校名含め黒塗り文書を開示 実際は「開成小」(毎日)

 

民進党(当時)の福島伸享落選者(47)は籠池泰典容疑者(64)が作成した小学校設置趣意書を基に国会で質疑した(2017/05/08)。この趣意書は国が開示したもので黒塗りがあった。福島落選者はこの黒塗りを逆手に取った。質問することで黒塗りの部分には「安倍晋三記念小学院」と書いてあるという印象作りをしたのだ。

 

籠池容疑者が小学校を作る状況に無いので黒塗りの部分を開示しても学園が不利になることは無くなった。改めて開示された設置趣意書を見ると黒塗りの下には

安倍晋三記念小学院」

ではなく

「開成小学校」

とあった。

 

世の中には慧眼の人もいるものでbarelo's blog様のブログ(http://barelo.hatenablog.com/entry/2017/05/09/000402)

は字数が合わないと指摘していた。また、同ブログにはTwitterで同様の指摘をされた方の記載もある。

 

籠池容疑者の人柄から判断すると

 

1.開成小学校設置趣意書

ではなく

1.安倍晋三記念小学院設置趣意書

と書きそうなもなのに(笑)。

 

 

福島落選者は国会質疑で黒塗りの部分は

 

「籠池前理事長の記憶では「安倍晋三記念小学院」のせっつ設置趣意書だったからなんですよ。」(ママ)

とほざいている。(https://twi55.com/fake20171123/ )

そもそも、国なり府なりに提出する書類のコピーを提出者は持ってはいないものなのか?

確かに都に出した戸籍謄本をもらう時の申請書のコピーを申請者は持たない。だが、設置趣意書はそんな申請書と性質が違うと思う。設置趣意書に基づいたやりとりが国などとの間であるだろうから。

更に、設置趣意書は手書きではない。ワープロ文書だ。ならば、ワープロには原稿が残っているはずだ。

私などは国会での質問には瑕疵があってはならないと考えてしまう。だから、私なら、籠池容疑者が記憶で言ったことを文章で確認を求めてから質疑をする。

 

福島落選者は数が少ないのに質問時間の8割を有する野党議員だった。質問が回ってくる回数が多すぎ準備に時間が不足したのかもしれない。いやいや、福島落選者の字数が合わないことに気づけない程無能だったという方が可能性が高そうだ。

 

もしくは、気づいたがそれを無視するほど国会をナメていたのか。

 

福島落選者は自身のフェイスブック(https://www.facebook.com/nobuyuki.fukushima.58/posts/1004354766370136)では

「嘘の情報を信じ込み」質問しているのではなく、籠池氏側の情報の真偽を財務省に確認するために質問している

と書いている。先に述べた字数の問題に気がつかないふりをして、また、設置趣意書のコピーは籠池容疑者側に残っているはずだということを無視している。

 

わざわざ黒塗りにした部分を国会で役人が開示することなどありえない。

そんなことをすれば黒塗りの意味が無くなる。だから福島落選者は「籠池氏側の情報の真偽を」「確認するために質問し」たのではない。

「「嘘の情報を信じ込み」質問しているのではなく、印象操作のために質問し」たのだ。

 

実際、福島落選者のフェイスブックに、役人を術中にはめたと書いている。

 

そんなナメくさった態度が、福島落選者の敬称が「落選者」になった理由だろう。

 

DigitalConcertHall iPhone1台でChromecastが使えるアプリ

テレビで携帯の動画や写真を見たいという言うので丸型のChromecastを買わせた。

テレビにiPhoneの画面を出すならデジタルAVアダプターを使うのが常道だとは思う。けれどもテレビのHDMIのケーブルとデジタルAVアダプターの抜き差しは面倒なのでChromecastを選んだ。

 

インターネットはiPhoneでしか出来ない環境でも、Chromecastのセットアップは私のiPhoneも併用すれば出来た。

だが、運用となると。

 

ChromecastはWi-Fiを使う。これはiPhoneのインターネット共有で用意できる。iOSの困った点はインターネット共有が提供する無線LANWi-Fi設定で指定できないことだ。このためiPhoneのChromecastを利用するアプリはChromecastを検出できず例外はあるものの全滅だ。

 

Chromecastも独自のWi-Fiアクセスポイントを持っている。おそらくこれを使ってChromecastはゲストを許したりセットアップをしている。

ゲストはWi-Fiのパスワードを知らなくとも良い。なので客を招いた側にも都合が良い。Androidならゲストモードを利用できるのだが、残念ながら、iPhoneは例外を除いて利用できない。

 

その例外がベルリンフィルハーモニカーの演奏を配信しているDigitalconcerthallだ。DigitalconcerthallのChromecastアイコンを押すとWi-Fi上にChromecastが無いので近くのChromecastを探し、テレビに動画を映す。

利用プロシージャーは次のようになる。

1.近隣のChromecastを検出し接続要求を出す。

2.Chromecastは最初に人間の聞こえない音で信号を送る。なのでDigitalconcerthalはマイクの使用許可を求めてくる。

3.これで認証できないとPIN番号を要求してくる。これを与えると再生がテレビ上で開始される。

 

去年までならiPhone1台だけで運用できたのだが、バージョンアップでできなくなったようだ。

 

他にもSmart CastとVideocastがゲストモードに対応しているが、PINコードの記憶が下手だ。また、写真の表示機能が無いか、あっても動かない。

 

結局、Chromecastは使い物にならないと判断し、Airplay対応のHDMIに接続して使う機器を買った。評判を見ると初期不良が多いようだが、幸い、再生品質に難はあるものの正常に動いた。価格も安いし最初からこっちにしておけば良かった。

 

 

「設備費がかかりすぎる!!」電波オークションは無理の理由

テレビ局が使用している電波の帯域をオークションにかけるべきだと言う意見がある。それに対する反対理由には支那がテレビ局を買収してしまうなど色々ある。

反対理由では無いのだが、オークションは実質的に無理という考えもある。新たにテレビ局を始めようとすると設備費が膨大になるのるので不可能というものだ。

一見、尤もそうだ。確かに、色々機材を買ったり電波塔を建てたり人を雇ったりと大変そうだ。

でも、本当にそうなのか?

 

オークションの結果、新たな参入があるとしよう。するとはじき出される既存のテレビ局が出る。

はじき出されたテレビ局は存亡の危機に陥る。人員解雇の嵐は吹き荒れる。株価はストップ安になるかもしれない。

そんなテレビ局が取り得る方策の一つは整備と人員を貸し出すことだ。借りる側にしても少なくとも時間の節約にはなる。

 

設備を貸し出す側が強気になれるのか、借りる側が足下を見るのか、どちらになるのか興味深い。

 

それに、NTTが光通信の設備を更新すれば、テレビ局も電波だけに頼る必要も減じる。

あ、それなら、電波オークションに参加する理由もなくなるのか。

 

(更新)高橋洋一氏も発言 野党、透明性を主張するなら質問時間は譲れ

(2017/11/25 更新開始)

高橋洋一氏も2017/11/18付の記事『法案の事前審査で消化試合 国会論議は活性化できるのか、与党への質問時間配分も一案 』の2/2で

事前審査は密室であるが、国会の議論は公開で、国民の目がある。国会議員も国会で質疑するのが本来の仕事なので、国会で行うべきだ。

と書いていた。

(2017/11/25 更新終了)

 

衆議院の質問時間配分で与野党間でもめている。 

野党は手続きと意思決定における透明性を主張している。 ならば論理的帰結として質問時間の配分に合意しなければならない。


野党の主張はこうだ。

「政府与党間で法案提出前に協議している。だから、国会での与党の質議は少くなくて良い。」


この野党の主張に従うならば

お役人「このようにすると大企業は大喜びでございます♥️

与党議員「計算屋、お主もワルよのう😄

という事前協議は可視化できないのでは?

勿論、国会の質議で事前協議の全てが明らかにはならないが多少なりとも改善されるだろう。


平和安全法制、テロ等準備罪や森友・加計を巡る質議のマスコミ報道に大きな偏りがあった。このため正しい情報を知ろうとする人はインターネットにある国会質議の動画を見るようになった。

現在の時間配分のままだと、時間を費やしきれ無い野党の「キノコを採ると共謀罪になってしまう」という愚かな反対意見の繰り返しばかりを延々と見ることになってしまう。有権者は法案の必要性とそれをいかに実現する考え方には無知のままに放っておかれてしまうのだ。


与党が

「どうしてこの法律が必要なのですか?」

と必要性を糾し

「実現にはこういう方法もあると思いますが、どうしてそうしなかったのですか?」

と実現方法間の優劣と妥当性を示せば、そしてもし野党がまともなら、与党の質疑に応じて質問を変えてくるだろう。与党とは異なる手法を提示するようになり、もっと本質的な議論が進むと考える。

 

渡邉哲也 初鹿先生にコメントを■性的意図なくても強制わいせつに!? 最高裁大法廷が約半世紀ぶりに判例変更へ

渡邉哲也氏が自身のTwitterに本項最後のように載せました。

指摘内容は以前の私の記事『「名は体を表す」は本当だなあ。 初鹿明博と「立件」民主党 』の趣旨と同じです。

 

これだけでは新たに記事を書くまでもありません。追加情報を。

 

以前の記事では立憲民主党初鹿明博落選恐怖症者を「初鹿明博強制わいせつ被嫌疑者(48)」と紹介しましたが、「初鹿明博強制性交等被嫌疑者(48)」に昇格させておいた方がよかったのかもしれません。

 

以前の記事を引用しますと「詩織氏は恥ずかしさを捨ててまで性犯罪の厳罰化を訴えた。彼女の訴えが功を奏したのか、刑法改正が成った。」

その結果、強姦罪から名称が変わった強制性交等罪には普通の性交の他に肛門性交又は口腔性交も含まれるようになりました。

明博強制性交等被嫌疑者は週刊文春に寄りますと、

 

ズボンのチャックをおろして被害女性の頭を押し下げ….。

 

文春は被害女性を傷つけぬよう詳しい描写を避けています。

 

なお、明博強制性交等被嫌疑者は昨年12月週刊新潮拉致未遂と暴行未遂を報じられた時、意味深にも

 

「みんな奥さん以外にはけ 口 を求めている」

 

と嘯いていました。

 

奇しくも下朝鮮の元族長李明博と同じ名をお持ちの明博強制性交等被嫌疑者ですが、下朝鮮に生まれてなくてよかったと安堵されているかもしれません。下朝鮮では法の不遡及が度々成立しないからです。

 

 

珍しいことに、明博元族長自身は司直の手は未だ及んではいません。

明博強制性交等被嫌疑者にもこの幸運が名前を通じて伝わってますでしょうか。

 

 

尚、立憲民主党にはカミングアウトした女性議員もいます。ソ連、東独や支那などはLGBTに優しくなありません(でした)。なぜ、カミングアウトした人が?という疑問が湧きます。やはり、立憲民主党は、よく言って「寄せ集め」、悪く言えば「吹き溜まり」の党なのでしょう。

 

出典を明示できませんが、作家の中山可穂さんを見ても分かる通り、ビアンの人の永遠とは2,3年のことだそうです。現にその議員も「離婚」されたそうです。結果として触れ愛(*)探しに励んでいると思います。

(* ビアン特にタチのことを古語でtribadeと呼び、どちらかと言えば蔑称として使われた。tribadeは古代ギリシャ語のtribein(「擦る、撫でさする」の意)が語源)

 

普通の党ならこんなことは書きませんが、何しろ、「立件」民主党のことですから。女性にはペニスがないので強制性交等罪にはなりませんが、強制わいせつ罪には。

 

前車の轍を踏まないよう気をつけられるでしょうか。文春が狙っていることですし。

 

 

 

こんな手もある トランプ北朝鮮奇襲作戦

アメリカにとって北朝鮮とは、一時テロ支援国家として指定していた、そして、再指定の噂もある犯罪国家である。

日本にとっても、国家主権を侵し拉致した侵略国家である。

 

だが、北朝鮮の犯行はそれだけでは無い。

そう、覚醒剤の大生産国で密輸大国であもある。

 

まだあるのだが、お気付きだろうか。

 

ニセ札大国でもあるのだ。

 

ところで、アメリカの先制攻撃は国際法的に無理があるとする議論が多い。だが、それらの議論はアメリカと、一応名目上は平和な関係にある国とが戦端を開くケースを想定している。

北朝鮮と戦争したのはアメリカではなく、国連軍だ。そして、国連軍と北朝鮮との間にあるのは、平和条約では無く、休戦協定だ。

北朝鮮は何度も休戦協定は破棄されたと宣言している。では、と言うことで再戦しても問題では無いと思う。

 

付け加えるなら、アメリカの戦時統制権を、韓国の文在寅酋長が望むように、返還しても良い思う。但し、韓国軍は国連軍の統制権下に入り、アメリカ軍は国連軍の直接指揮下に入ると言う条件で。勿論、国連軍の司令官はアメリカが出す。これなら、文ジェイソ(ン)の面目も立つ。アメリカ軍は原則的に他国の指揮下には入らないのだ。

そして、ついでに言うと、日本の米兵事件で見るように、アメリカ軍兵士は、原則、他国の裁判所で裁かれることは無い。

 

とは言え、アメリカは、国内事情もあって、第一撃を相手国にやらせたがる。

なので、北朝鮮に通常兵器で第一撃をさせるか、北朝鮮が混乱すると都合が良い。

 

ここで偽札の登場だ。

精巧な偽北朝鮮元を大量に刷って北朝鮮に流し込む。すると急激なインフレが起こる。ただでさえ、今冬には餓死者が出ると言われている。インフレは破壊的になる。するとエリンギ黒電話金正恩に抑圧されている北朝鮮人民もついに。

 

混乱を沈めるという名目で国境を越え、受けた抵抗を理由に北朝鮮軍の指揮系統を核施設を破壊するというのはあり得るシナリオだと思う。

 

『そこまで言って委員会』の反死刑派森達也らの嘘

そこまで言って委員会』2017/11/05のテーマは死刑。死刑廃止に賛成と反対に別れ、議論が行われた。

 

興味深い論点として

死刑になりたいから多数の殺人を犯す人がいる。だから、そういう人を出さないため死刑を廃止すべき

があった。これについては後述する。

 

森達也映画監督は死刑になりたいから多数の殺人を犯す人と自殺者を結びつけ、

「この国は、あの、自殺する人の数がもう3万人近くいます」

と言った。ご丁寧にも

「年間葯3万人の自殺者とも関連?

日本の命のハードルが下がっている?」

とテロップを付けた。

 

森監督は、

自殺したい人は複数の殺人を犯して死刑執行されようとするだろう

と言う仮説を提示し

「死刑になりたいと言う人を処刑するということはね、まあ、そもそも論理矛盾ですよね」

と言った。

だが、そういう人は、死刑がなければ、殺人を犯さないのだろうか?

また、一つの例を全体に拡張する誤りを犯している。

 

データ面をチェックすると自殺者数は

平成28年中における自殺者数の総数は、21,897人で、前年に比べ2,182人(8.9%)減少した。」(警察庁 https://www.npa.go.jp/news/release/2017/20170321001.html9

だ。森監督は5割もサバを読んでいる。

 

坂本敏夫元刑務官は

平成27年度の仮釈放、3人か4人なんですよ」

と言ったが、

正しくは11人(内2名は「仮釈放取消し後,再度仮釈放を許された者」)

(http://www.moj.go.jp/content/001208315.pdf)。

f:id:dangun:20171105212958p:plain

 

因みに、27年に新規に無期刑に処せられたのは25人。上記URLを見ると平成22年から10人前後が仮釈放されている。

また坂本元刑務官は

裁判員裁判が始まってから死刑も無期も増えました。激増しました。」

とも発言したが表を見るとこれも誤り。裁判員裁判は平成21年5月に始まった。

 

辛坊治郎氏の、懲役付きの終身刑にすれば良いのでは?という問い、竹田恒泰氏の「終身懲役を作ろうと思えばそれは作れますよ」に対する坂本元刑務官の受け答えを見ると、この人頭が凝り固まっていて、また、先のデータの誤りもあって、大丈夫かと感じてしまった。坂本元刑務官の主張は、無期懲役刑が実質的に終身懲役刑だということなのだが。刑務官に反論する受刑者はそういないと思われる。反論に慣れていないので説明が下手なのだろう。

 

データについていえば、死刑制度の存廃の調査(http://survey.gov-online.go.jp/h26/h26-houseido/zh/z02.html)について、死刑廃止派の本村健太郎弁護士が死刑存続賛成派の内訳をあれこれ述べた後、坂本元刑務官は

「それ、全回答数なんぼあるか知ってます?(略)千五六百しかないしょ、ね」

と本村弁護士の弁論を(その場としては)粉砕してしまった。だが、坂本元刑務官が持つ統計への不信感をさらけ出しているだけだ。

全回答数は1826人でこれは全国民を対象とする調査のサンプル数として、偏りがなければ、十分なのだ。