高橋洋一氏でも間違える? 若者は保守化しているのか

高橋洋一氏が『若者は保守化しているのか 雇用改善で政権支持の実態、左翼色強い報道にも縁遠く』(http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171017/soc1710170005-n2.html)で

1. 2016/11の調査で支那に親しみを感じる人は若者で31.1%、60代で12.8%なので「若い世代ほど「保守化」「右傾化」していない

2.「自民党支持についてみてみると、若い世代ほど支持する割合が高くなっている。

3.  「より正確にいえば、若い世代は、それほど「保守化」していないが、」安倍支持が「強いと説明することができる。

 

高橋氏はその原因として

・若者は雇用重視

・若者の情報源はテレビ以外もある。

・老齢世代の情報源は左巻きのテレビがメイン

としている。

 

高橋氏の説が間違っているとは言い過ぎだが、問題点はある。

若者の意識に踏み込んでいない。

 

「読売・早大共同世論調査」の記事

https://pbs.twimg.com/media/DG57nXCUIAENNT2.jpg:large

(https://pbs.twimg.com/media/DG57nXCUIAENNT2.jpg:large)(ミスターK @arapanman様のtweetより引用)

を見ると若者にとっては自民党は保守ではないのだ。

実際、自民党の政策は「リベラル」色が強い。何しろ、総理大臣が、賃上げしてよ、と経団連に頼み込んでいるのだから。

 

それに対して、共産党は(元来は9条反対だったのに)千年も前から9条守れと言い続けていたように喧伝している。そもそも共産主義なんて古びてカビが生えている。これを名としているのだから、名は体を表す、恐るべきアナクロ保守だ。

 

自民党は長年保持してきた政権を更に維持するため、日々変わる情勢に対応しようとしている。野党の能力が低下してしまい、「なんでも反対」野党に堕してしまっている。自民党の対応策に反対することしかできないのだ。結果として野党の主張は現状墨守の保守になっている。

 

結果として野党の主張は現状墨守の保守になっている。

 

自民=保守という概念が固定していない若者には、こうした実態を見て、維新以外の野党は保守反動だと正しく認識するのだ。

 

今も昔も若者は活動する分野が広がる可能性が高くなる(カッコ無しの、本来の意味の)リベラルが好きなのだ。

 

斬首作戦 金正恩の首実検は必要か?

北朝鮮金正恩を取り除く断首作戦は次のように説明される。

 

米軍の特殊部隊が金の隠れ家に突入し、身柄を確保する。その際生死は問わない。

 

なぜ、身柄を確保するのかといえば、本人確認が必要だからと、オサマ ビン ラディンやサダム フセインの例を持ち出すだす。

 

だが、ビン ラディンとフセインの例が北朝鮮に当てはまると何故考えるのか?

 

ビン ラディンやフセインには忠誠を誓う者たちがいた。

ビン ラディンの場合は世界中にいたし、復讐心により強化された忠誠心を持つ者も多かったろう。そのような人だと、生存が確認されたビン ラディンに命令されたら、自爆テロも辞さないだろう。だから、首実検が必要なのだ。

 

菌の場合はどうか?

 

ビン ラディンへの忠誠心のようなものを持つ者が菌の配下には居るのだろうか。

菌の命令に服従する理由は菌への恐怖心だと思われる。

だとすると、実際の生死とは関係なく、金が死んだ、力を失った、復帰の見込みはなさそうだという確度が高い情報が広がれば、菌の命令に服従する理由は無くなり、北朝鮮軍の機能は停止する。

オスマントルコのイェニチェリのような小児を集め洗脳された部隊もいるだろうが、彼らにも頭脳はあるのだ。

 

北朝鮮軍でも上級指揮官ともなれば、米軍の強さを知っているだろう。

歩兵部隊なら、栄養失調で背が低い兵を見れば、トホホと嘆息する。

戦車部隊なら、燃料不足と故障した骨董戦車を見れが、ガックリくる。

空軍なら、レーダーの電源すら入っていない状況を見れば、コリアダメだと諦める。

 

米軍が菌の隠された培養地の多くを滅菌し、軍の主要陣地を派手に攻撃し損害を与え、電波妨害をして通信を混乱させる。

虎の子の大砲が潰され、通信が混乱すれば、指揮官は菌体制はもうおしまいだと判断する。

 

北朝鮮の指揮官が昇進できた理由は異論を唱えられるからでは無い。誰に付くか計算高いからだ。歴史的に見ても事大主義は朝鮮民族に骨絡みだ。

そんな朝鮮民族がマジやばくね?と感じた時、部隊を動かして、米軍に損害を与ようとするだろうか?

ベトナム戦争ソンミ村虐殺事件ですら、命令に従っただけの兵士は無罪で済み、指揮官のカリー中尉は終身刑だった。これが民主国家の軍事法廷だ。

だが、北朝鮮の軍隊では不始末をしでかせば一族郎党もろとも死刑と強制労働になる。

となれば、隣の陣地が潰され、誘爆が起きているような時、反攻命令が来たとしてもそれにに抗命するだろう。

もし、従ったとしたら、停戦後、楽しい未来が待ってると彼らは夢想だにしないからだ。彼らは米軍様のご機嫌を取らねばと焦る。同士討ちや下克上を始める。


金正恩の首実検は必要ないのだ。

 

毎日、信頼度70%だと威張っているが、真実はどこにある?

毎日新聞は2017/10/15に社説『きょうから新聞週間 フェイクは民主制を壊す』(http://mainichi.jp/articles/20171015/ddm/005/070/004000c)

を載せた。

毎日の見出しの通り確かにフェイクニュースは民主制を壊す。

そこで重要となるのはメディアの信頼だ。毎日は平成29年7月の総務省情報通信政策研究所の『平成28年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書』から引用する形で「メディアの中で最も信頼度が高かったのは依然、新聞(70.1%)だ。インターネット(33.8%)とは開きがある。」と威張り、

読者から信頼されるために、私たちはプロフェッショナルであることを自覚し、丹念に真偽を判別し、正しい情報を伝え続けたい。事実の重みは今、いっそう増している。

と社説を結んだ。

 

社説には新聞とインターネットが取り上げられているが、報告書には他にテレビと雑誌の信頼度(各々65.5%と20.5%)も載っている。毎日がインターネットを敵視しているとは言い過ぎかもしれないが、意識しているとは言えるだろう。

それにしても、何故、テレビと雑誌を落としたのだろう。ああ、そうか、TBSや毎日放送サンデー毎日があるからか!

 

夜店でブランド物の財布を買ったとしよう。偽物だとしても、驚きはしない。偽物もいっぱいあると認識して用心しているからだ。

インターネットも同様だ。心あるネットユーザーは用心する。新聞の情報を鵜呑みにするような人が騙される。

新聞に載っているデータは概ね事実だろう。だが、問題とすべきは、必要な情報は全てあるのか?だ。そして、

 

真実はどこにあるか、なのだ。

 

加計問題では国会でビーチ前川が色々喋った。これは新聞に載っている。確かに、事実は伝えられてはいる。

だが、加戸全愛媛県知事の発言は新聞に載っているのか? 載ってやしない。新聞は真実を伝えていないのだ。

 

新聞は緑のタヌキこと小池百合子首領様の扇動に乗ってしまい山ほど宣伝したが、彼女が都政で発揮した無能ぶりは伝えなかった。

 

それでは、真実はどこにあるのだろう?

 

インターネットだ。

真実はインターネットに埋もれているのだ。

 

真実は新聞の嘘を明るみに出してしまう。だから、毎日新聞はインターネットを敵視するのだ。

 

ご同業の朝日新聞は朝鮮売春婦の誤報を20年以上も放置した。なのに、訂正は1週間分程度だろう。訂正記事が小さく短いことは毎日も同じだ。これは、大嘘をついて人に損害を与え得たのに、「謝ったからいいでしょ」と言うのと同じだ。

 

 

新聞は読者を誤誘導、端的に言えば、騙す。社説の結びの文の本音は

読者から信頼されるために、私たちは騙しのプロフェッショナルであることを自覚し、丹念に正しいけれども読者を誤誘導する情報を判別し、それらに基づくストーリーを組み立て伝え続ける。ストーリーの重みは今、いっそう新聞にとって増している。」だ。

 

 

毎日、安倍首相が司法権を犯したと怒るも、論理破綻に気付かず

毎日新聞の岸達也記者が

安倍晋三首相が11日夜のテレビ朝日系「報道ステーション」の党首討論で」

籠池泰典被告(64)について「詐欺を働く人物」と述べた」(https://mainichi.jp/articles/20171013/k00/00m/040/053000c)ことに言いがかりを付けた。


言いがかりの正当性を示すため、岸記者は郷原信郎(ごうはら のぶお)弁護士の以下の発言を利用した。


郷原信郎(ごうはら のぶお)弁護士は、安倍総裁の発言は「「司法の独立を侵す問題発言だ」と批判している。」


その根拠は以下。

1.「首相は行政府の長として、刑事事件で検事総長に指揮権を発動できる法相の任免権を持つ。」

2.「刑事事件では推定無罪の大原則がある」

3.「籠池氏は起訴されたが黙秘しているとされ、公判も始まっておらず、弁明の機会がない」


そして

結論. 「行政の最高責任者が起訴内容をあたかも確定事実のように発言するなど司法の独立の観点からあってはならない」

としている。


さて、記事の問題点を取り上げる。


まず、3.の黙秘と弁明の機会について。

記事では意図的に籠池夫のみをとりあげている。妻も同じく逮捕されていることを忘れてはいけない。

妻は「補助金でお父さんちょっといじくってたんですよ」と調査に来た複数の国会議員(しかもその中には弁護士資格を持つ者もいる)と報道機関の前で自供しています。

そうそう、夫のほうも「私自身100パーセント清廉潔白とは言えません」と白状しちゃいましたね。

彼らは、弁護士資格を持つ者も含まれる複数の国会議員と報道機関の前で、くっちゃくっちゃ十分に弁明してますよ。


次に司法の独立について。


私は三権の長とは、立法権衆議院議長参議院議長、行政権の内閣総理大臣司法権最高裁判所長官と勉強しました。

1.で言及しているのは検事総長検事総長最高裁長官は同じじゃあありません。そもそも、検察は行政権に含まれます。総理が捜査をしっかりやれと言ったら、それは、司法の独立を犯すことになるのでしょうか。


1.では検事総長-法相-首相の3階層が述べられています。なぜ、そこで止めるのでしょう。国民は選挙を通じて首相の任免権を持っています。郷原論理からすれば、国民が籠池は「詐欺を働く人物」と言ったら、「司法の独立を侵す問題発言だ」ということになるのでしょう(笑)。

ですが、児島惟謙の伝統を受け継ぐ日本の裁判所は、韓国のそれと違って、国民の発言なんざあ戯言と無視するでしょう(韓国並の裁判官が散見することに危惧を覚えますが)。


2.の推定無罪。これを発言したヤメ検郷原弁護士は法曹界の人です。しかも彼は「刑事事件では」と限定しています。Wikipediaの「推定無罪」を見ると、法曹界では推定無罪とは「「検察官が被告人の有罪を証明しない限り、被告人に無罪判決が下される(=被告人は自らの無実を証明する責任を負担しない)」ということを意味する(刑事訴訟法336条など)」や「有罪判決が確定するまでは、何人も犯罪者として取り扱われない(権利を有する)ことを意味する」です。

安倍総裁は「「詐欺を働く人物」」と述べただけで、「詐欺罪で有罪な人」とは言っていませんね。詭弁?(笑)


ここまで私は安倍首相ではなく、安倍総裁と書きました。

ちょっと話題を変えます。タクシードライバーが勤務時間外に泥酔して自分の車を運転して事故を起こしました。タクシー会社に法的責任はあるのでしょうか?


安倍総裁が出た番組は「「報道ステーション」の党首討論」。首相討論でも首相-党首討論でもありません。そして岸記者も党首討論という言葉に異を唱えてはいません。

この夏、防衛大臣が、自衛隊自民党候補を応援している、と発言して問題となりました。行政権が中立を守らず、特定政党の候補を応援することで、立法権に干渉したからです。

岸記者は安倍さんが討論の中で自民党の応援をしても、他党を批判しても「行政が立法の独立を侵す、問題発言だ」とは批判していません。

すなわち、討論会での安倍さんの立場は総裁であり、首相ではない、すなわち、「行政の最高責任者」ではないことを岸記者は認めているのです。

ならば、行政権が「司法の独立を侵す問題発言だ」とは言えません。

ですから、首相が司法の独立を犯したと騒ぐなら、それはダブルスタンダードとか、浅はかと謗られます。

貧すれば鈍する。きっと安倍叩きに夢中で毎日の整理部も記事の論理破綻を見逃したか、あるいは見逃すよう圧力をかけられたのでしょう。

おや、この記事は岸達也記者の署名入りですか。毎日の意図は、「浅はかなのは岸達也だけ」なのでしょうね。


岸達也さん、ご同情申し上げます。


落たレべルが落魄に拍車をかけてますよ。ご注意を。>毎日新聞殿

 

福島みずほ オチン○抽送サインを出して、全国不倫したいわね団

福島瑞穂さん、参院だし、「社民の候補者っていましたっけ?」という程度なので、おヒマなのでしょう。そうそう、「モリかけ安倍おろし」蕎麦なんて言葉遊びを楽しんでおられました。

なので下記のような活動にも参加されておられるようです。

ミズポさんの今回の本来の目的は山尾志桜里さんとしっぽりドッキング。山尾志桜里ブーメランが鞄に忍ばせてあった・・・、もしかしたら既に装着済み?!

三段腹で目立ちませんからね。

山尾「会うだけならランデヴーでしょ。それをドッキングだなんて。欲望ギラギラ。本当におばさんってデリカシーがないんだから」

ミズポちゃんは山尾志桜里さんのタイプじゃないらしく、やんわり断られてしまったようです。この辺り、やはり、弱小政党の悲哀でしょうか。

 

f:id:dangun:20171015161022p:plain

皆さん拳で男性器の形を作ってオチン○欲しいとアピールなさっておられます。

右下と左の黒のブレザーの方はバイセクシャルなのでしょうか、拳と親指で作るオメ○サインの変形を出されています。きっと山尾志桜里ブーメランのご愛用者なのでしょう。もしかしたら、山尾志桜里ブーメランに感動した挙句、山尾志桜里応援に駆けつけたのでありましょう。

静止画なのが残念です。動画なら、拳を上下させていたことでしょう。

タイトルの抽送とは、語源は支那語です。古語といっても良いのですが、オチン○をオ○コから抽き出したりオチン○をオメ○へ送りこんだりする動作、つまり、ピストン動作を意味します。

 

福島みずほさんは、特定機密の保護に関する法律(特定秘密保護法)に反対しておられました。ということは、プライバシー保護には気を使うと口では言うお立場と拝察いたします。ところが、左の赤丸で囲った二輪のナンバープレートは原Tweetでは黒塗りされていませんでした。もっともミズポさんのお仲間は機動隊員の顔写真をお晒しになったり、住所を特定なされたりされる方々ですから。お口に出すだけですね。あ、卑猥な意味もある(恥)。

 

ミズポさん以外の方々のお顔に目線を入れて隠そうかとも考えました。ですが、赤信号みんなで渡れば怖くない。お一人では恥ずかしくてできないオチ○ポ募集をせっかく勇を奮ってなされたのですから、そのお気持ちを汲んで、あえて入れませんでした。

 

右下の方を除いて指輪を外されてますね。そうそう、山尾志桜里さんもでした。○チンポ探しには都合が悪いのでしょうか。右下の方は、不倫の背徳感、というか寝取りの達成感を求めるオ○ンポを探されておられるのでしょう。

 

左端の方は閉経されて男性ホルモン過多なのでしょうか。お指(複数)にオサーンの指みたく黒々と指毛が生えているのがわかります。山尾志桜里ブーメランを着けてお相手のおいどをおヤリになるのがご趣味なのでしょうか。

 

拳を作った腕ほどのオ○ンポはなかなか見つからないと思いますが、希望0なのと問われれば稀望はあると答えるしかありませんね。

 

水道橋博士「総選挙だ、総理の座が空席だ!!」だが、緊急事態の心配はしない間抜けさ

 

紀貫之土佐日記は公開を意識して書かれた初めての日記とも言われている。それまでの平安時代の貴族の日記はプライベートのもので、藤原道長など上司を罵倒する本音など、他聞をはばかる駄文が書かれていた。多分、水道橋博士クンのdiaryには、このような気遣いはされてない。

 

週刊文春2017/10/19『週刊藝人春秋 Diary』によると、水道橋莫迦士クンは安倍首相と随分前に2回(彼の意識では、2回「も」)会ってインタビューした。その時の様子の記述から、どうやら、水道橋墓土クンは一目も置いてもらえず、反目を貰ってしまったようだ。今年、あるパーティで吸怒端クンは安倍首相を見かけた。「総理の視野にはボクも入っていたはずだが、目礼すらなく」と歯牙にもかけられなかった彼は憤っている。けれど、白痴クンは自分からお辞儀してはいないようだ。そもそも、墓誌クンは自分は首相に記憶されて当然の逸物なのだと、「「総裁の椅子」」に座らせてもらって自己評価を誤ってしまったのか、中間(ちゅうげん)小者としての分をわきまえない勘違いをしている。

 

2003年の2回目インタビューで彼は「「総裁の椅子」」に座らせてもらった。その後、『華氏911』に話題を振ふった。莫迦士クン界隈ではこれを「日本の政治家にすら「踏み絵」」にしていた。安倍幹事長(当時)は観ていなかった。

「突然」「“スイッチ”が入っ」てしまった「一介のチビ漫才」家はしつこく『華氏911』にこだわり、安倍さんに噛み付いた。安倍さんは、マイケル ムーアはアメリカンドリームは無くなったというけれど、大金持ちになったムーアこそアメリカンドリームの体現者だ、という旨の返事をした。

「一介のチビ漫才」家は「このおちょくった言い方に対して」「引っかかった」。「未見にもかかわらず作品批判をする一方、どこかで聞いた風な監督批判までまくし立てたからだ」。

安倍さんは作品批評をしていない。白痴クンの文を読めば分かる。なのに白紙クンは「未見にもかかわらず作品批判をする」と書いている。おいおい。

ムーアの作品をメタ分析するとフェイクがあると分かっている。さらに、メタ分析から安倍さんのムーアへの皮肉となる引用に正当性があることも分かっているのだ。

 

 

週刊文春2017/10/19『週刊藝人春秋 Diary』の末尾は

「今まさに、解散総選挙で空席に房った「総理の椅子」――。

  その座り心地をボクは想い出した。」

 

この「総理の椅子」とは何を指すのか?だ。

Diaryによれば博士クンは総理の椅子に座ったことはない。自民党の総裁の椅子に2度座っただけだ。「総理の椅子」とカッコをつけることで、総理の椅子ではないよと示唆しているのかもしれない。だが総裁の椅子は解散があつたからといって空席にはならない。また、引退した谷垣元総裁や河野傭兵と揶揄される河野元総裁も総理にはなれなかったのだ。だから、

総裁の椅子=総理の椅子

でもない。

白痴クンのことだから、上記は些細な事として、総裁の椅子=総理の椅子と考えているのかもしれない。だが、そうだとすると、またひとつ問題が出てくる。総理の椅子が空席なら、行政権はどうなるのか?だ。具体的に言うと、北朝鮮のミサイルが飛んできたり、災害などの緊急事態が起きたらどうするのだ?だ。

これは今回の解散でパヨクが問題にし、結論がでている。喧嘩で600万円の示談金を払った薄識クンは憲法より拳法なのかもしれない。健忘されてしまった71条で首相の座は新しい首相が選任されるまで、空かないと定められている。

 

「今まさに、解散総選挙で空席に房った「総理の椅子」」と首相の座が空席になったと想いを巡らせたものの、

い出したのではなくい出したのは座り心地だけ。緊急事態の時どうなるのかという発想ができなかった薄識クンの限界が顕となってしまった。

 

こんな駄文、多分、他聞にしたくないよね。

 

(コンタクトレンズの買い忘れと在庫切れで字がよく見えません。変換ミスが多いと思います。どうぞお許しくださいませ。)

 

 

(新潮も)若狭は冤罪検事だ! 身体検査で続々

週刊新潮2017/10/19に特集『傾国の「小池百合子」』が掲載された。

おべんちゃらを言わない冷徹な新潮、さすがに今の小池百合子首領様(65)を「傾城」とは呼ばなかった。小池首領様に「傾城」なんて10年前でも無理か。30年前かな?

だが、小池輝ける民族の星様の政治的能力からすれば城は傾けられても、国は無理だ。国を預かるだけの能力は無いからだ。

冷徹ではあるが温情も憐れみある新潮、小池老元師様に「傾国」と言葉を奢ってあげた。

 

この特集の一つに『候補者の「身体検査」で「冤罪検事」と揶揄された「若狭勝」』がある。

この記事では若狭勝氏(60)の取り調べが異様に厳しく、20年前の返済済みの借金が問題にされ「経緯をレポートしろ!」と言われてしまった等、「冤罪」になった、或いはなりかけた例が載っている。

 

だが、冤罪は冤罪となった人だけの損害で済むのだ。

 

有権者として問題にすべきは「身体検査」に通ってしまったクズの方だろうが!>新潮

 

本号には『女城主「希望の党」のポンコツリスト』という記事もある。その記事には、若狭氏が選別を担当する非民進党の候補者荒木章博(64)のような例も載せてある。彼は後述する民事訴訟の被告となった。荒木元被告は、若狭氏と小池首領様のお膝元、東京に出馬する。荒木元被告は女性に「“性的関係”強要された」と500万円の損害賠償の訴訟を起こされ敗訴。300万円の賠償命令が出たが上告。控訴審の途中で、一審判決と同じ300万円で和解した。外野から見れば、控訴審でも負けそうなので当時の県議という地位保全のため、和解に持ち込んだように見える。

荒木元被告の娘千陽(ちはる)嬢(35)は小池傾城傘下のトイチこと都民ファースト(ファシストとも)の会の代表。荒木元被告は熊本県議だった。

なぜこんな奴が東京で出馬するのだ?

親娘という「しがらみ」がある千陽嬢に便宜供与したようにしか見えない。

「希望0の党」はしがらみもゼロのはず。何故メディアはここを突かないのだ?

 

「稀望の党」は民進党向け鼠取りだけでなく、『女城主「希望の党」のポンコツリスト』に出てくるカスや「しがらみ」が有り過ぎる下衆供を棄てる塵箱だったのだ。

(*1 私はヒトラーより、毛沢東スターリンと「菌」一族の方が悪い奴らだと考えているので「総統」ではなく、奴らの称号「中央委員会主席」「書記長」「首領様」などを使う)。