ツンデレ進優子 自爆テロの真の狙いは福田前次官か?

2018/04/17の拙稿でセクハラ被害者とされる記者の上司は女性である可能性をいち早く指摘した。なかなかのものだと自惚れてみる。

 

自惚れついでに別の可能性も指摘しておこう。

 

セクハラ被害者とされる進優子さんの新潮へのリークの動機は「セクハラ」に嫌気がさしたからとされている。だが「ちょっと待って欲しい。」(©︎朝日新聞)

 

進さんは1年半ほど前から福田前次官とお付き合いがあった。

進さんによれば、福田前次官による夜のお誘いにもホイホイと駆けつけた。

ここで、「ちょっと待って欲しい」(©︎朝日新聞)

進さんから福田次官を誘ったことは無かったのか?

 

新潮の記事によれば、進さんは福田前次官からの連絡を無視するようになった。出典は忘れたが、森友問題再燃で意を決して福田前次官と夜のお付き合いを再開したそうだ。

 

福田前次官の人となりを知らないので決め付けられないが、普通なら連絡しても返事が無い人とは疎遠になり、ついには絶縁となる。となれば、「復縁」を求めたのは進さんかもしれない。

 

ちなみに、連絡無視の期間が一週間で無視した連絡が2、3回なら、これは「ツン」。「復縁」を求めたことは「デレ」だ。福田前次官が勘違いしても責めることはできないのかも?

 

福田前次官は前から進さんにとって不愉快な事を言い続けてきた。そんな福田前次官に進さんは意を決して会った。不愉快な発言は織り込み済みなのだ。再度不愉快な発言があったからといって上司の松原文枝さんに改めて訴えるだろうか。

 

新潮は進さんの告発を匿名で報じた。だが、匿名報道に効果があるかは疑問だ。新潮には連絡を無視した後にまた会いに行ったと書いてある。福田前次官担当の女性記者が1000人も2000人もいるなら別だが、ツンデレの子はあの子だと福田前次官は推測できる。中(あたり)がつけば同僚や後輩に警告するだろう。またもグチにも出る。オフレコで話ができる福田番は進さんだけではないし、グチる相手も記者だけでは無い。

賢い進さんは身元がバレることは予測していただろう。

 

ネタを取るため意を決して会いに行ったのなら、不快発言に耐えられる。だが、告発した。

ここで思い出すべきは堀江貴文さんのtweetだ。彼が逮捕をされる直前に同情を装って電話をかけてきたテレビ朝日の美人記者がいた、彼女にグチったら録音され、それを放送されてしまったとあった。最初、堀江氏の逮捕は進さんの入社前だろうと思ったら、逮捕は2006年だった。進さんが入社していた可能性は十分ある。進さんの名前が公になっても堀江氏は、進さんではないとtweetしていない。堀江さんの美人記者が進さんだとは確定できないが、進さんがジャーナリズム道に反する行いをする人である可能性は考慮しておくべきだ。

 

繰り返しになるが、進さんがネタを取るため意を決して会いに行ったのなら、不快発言に耐えられる。だが、告発した。

 

となれば、進さんは福田前次官の首を取るために行ったのだ。

 

次に問題となるのはその目的だ。私は少なくとも福田前次官の首だけではないと思う。

 

真の目的は松原文枝さんの首だ。

進さんは福田前次官の連絡を無視していた。なのに松原さんは、森友再燃してるし福田とより戻して欲しいのよねーなんて圧力をかけた。進さんは松原さんに絶望して嫌悪感を抱いた。松原さんが対応しないことを承知の上で報告した。

 

報道によれば、松原さんはI am not ABEの古賀氏の件でプロデューサーの座から降ろされた。今回の「セクハラ」もみ消しでバツ2。未来は明るくはならない。

 

進さんは補償の意味もあり昇格されるだろう。箔をつけてからフリーになる。ネットの報道系の番組も増えている。

f:id:dangun:20180422225927p:plain

進さん、上の3人と並んでも遜色はない。

 

パワハラ セクハラした、私も(#MeToo)と激白 野党女男議員 黒の正服で@財務省

2018/04/20 野党の女男議員たちが「パワハラ、セクハラをヤリました、私も(#MeToo)」と財務省で激白した。動機は不明。

彼らは、抗弁が許されない国会の仕組みを悪用して官僚への恫喝脅迫を繰り返していた。官僚たちは、一様に理屈の通じない彼らに怯えの表情を示している。その実態は以下のグロ動画。

櫻井充1(https://twitter.com/take_off_dress/status/987252471553638400 の32秒あたり)、

櫻井充動画2(https://www.youtube.com/watch?v=LE5Wt4uwUNQ)、

森ゆうこ動画(https://www.youtube.com/watch?v=UTftpJIf6bc)

 

官僚の答弁で女性が立つことは極めて稀であるが、野党の女男議員たちからのハワハラ、セクハラを避けるためもあると推察される。

 

参加したのは立憲民主や希望のほか、民進党、共産党自由党社民党の札付き女議員達等。

彼女らは常に (例えば選挙で女を強調することで女という) 性を鬻(ひさ)いでいた。

また、彼女らには米山隆一新潟県知事と同じく満たされない強い自己承認要求があり、常々群れをなしプラカードを持って「私に触って(#TouchMe)」(『キャッツ』メモリー)とアピールしていた。

 

セクハラ、バワハラ告白が遊びではないことを強調するために、彼女らは英国ビクトリア女王時代銀行員を見習って(*1)黒い正服を着ていた。ただし、目的を「喪服姿のエロ」強調と勘違いした女議員も散見された。例えば、福島みずほ議員はSMの主人奴隷関係を表す首輪(チョーカー)を着け、同時にそれによりはだけた胸を強調した。

f:id:dangun:20180421180207p:plain

更に三百代言でもある彼女はアニメファン受けを狙ってその低頭身ぶりも露わにした。

f:id:dangun:20180421180243p:plain

もしかしたら、それは相対的な頭の大きさを示すことで賢さを表現したかったのかもしれない。

同時に「喪服姿のエロ」と黒雌豚に酷似させることにより「私を食べて(#EatMe)」と願望していたのかもしれない。

(*1 メリー ポピンズ』*1銀行員たちが歌う"FIDELITY FIDUCIARY BANK” https://www.youtube.com/watch?v=XxyB29bDbBA

www.youtube.com

)

 

また刺激が足りず退屈している女議員もいた。

f:id:dangun:20180421180142p:plain

靴と靴下は作法として黒であるべきだが、そこまで頭が回らない女議員もいた。

 

f:id:dangun:20180421180451p:plain

その点、福島三百代言はさすがに統一していた。

 

稀ではあるが、レイプされてその快感に目覚め、セクハラ(この場合はセカンドレイプ)に中毒してしまうも者もいる。柚木議員は彼女らが快感を得られるよう協力しセカンドレイプの場を用意してあげていた。

柚木議員はカジュアルで黒服姿ではなかったが、それは

・同じく自己顕示欲が強い山本太郎氏の真似をしたと言われることを嫌ったからとも、

・単に目立ちたかっただけとも、

・「「雌黒豚」どもを引率している俺」をアピールしたかったからとも

諸説がある。

 

彼らのバワハラセクハラ激白の場に勝手に選ばれた挙句、福島三百代言らに豚突猛進されてしまった財務省は処置に困り、彼らを放置した後、小部屋に収容した。 メディアも同行したがその間、彼女らと彼がどのようにプレイしたかは公開されていない。なお、放置後の動画を見ると柚木代議士の髪はいつも通りに乱れて/整っていた。どこの整髪料を使用しているか質問が殺到したと思われる。

*1:監督:ロバート スティーブンソン 主演:ジュリー アンドリュース 配給:ブエナ ビスタ 1964

「パワハラが産んだセクハラ」真の犯人はやっぱり上司 福田前次官セクハラ

拙稿「福田次官セクハラ 特別サービスは有料だよ?」で

>女好きという評判の官僚がいるとしよう。その官僚を担当する記者を誰が決めるのか?

>報道会社の上司だ。ある意味、セクハラを起こしたのは、官僚ではなく、上司だ。

と書いた通り、真犯人はテレビ朝日のようだ。女性記者の「セクハラ」被害の訴えを放置し1年半も続けさせた。

一般論だが、「セクハラ」を断るときは「ダメだってんだろう、このジジィ」なんて言わず「だめですよ」と断る。

する側はこれは脈があると思ってしまう可能性もあるし、脈がないなと思っても下ネタのような言葉遊び感覚で続けるかもしれない。後でセクハラ告発されれば、意識としてはハニトラに引っかかったと感じるかもしれない。


テレビ朝日女性記者の上司の対応もおかしい。福田前次官はセクハラ男と知られていたようだ。なのに上司は女性記者を差し出した。下衆の勘ぐりだが記者がセクハラを訴えてきた時、「シメシメ。かかったぞ!」と喜んだのではないか。

だからパワハラを発揮して記者にセクハラを甘受させ続けようとしたのだ。

週刊新潮が記者の音声を消したのはなぜか。声で記者とバレて上司のさらなるパワハラを恐れたのかもしれない。

 

さて、なぜこの時期に女性記者は「セクハラ」をバラしたのか?

福田前次官の任期は残り2月程度。もう、絞り尽くしたわよ、あとは晒し者にして、アベに、ウフフフと考えたらからかもしれない。言うまでもなく、私は下衆だ。


反対尋問されない証言。まるで慰安婦というか朝鮮売春婦の嘘のようだ。セカンドセクハラを強調することで反対尋問から免れようとする計算もあったと勘ぐられても仕方がない。

世の中には冤罪誣告の例もある。近年の週刊新潮ネタなら酔いすぎて記憶が飛んでしまったと思われる伊藤詩織さんの例もある。

繰り返すが私は下衆だ。

 

前掲の拙稿に書いた通りこれはセクハラには当たらないと考えている。一部を再掲する。

―――――――――――――――――

週刊新潮も賢い。記事の最後の方(p28)に板倉由美弁護士の次の発言を掲載し、セクハラと断言していない旨の逃げ道を用意している。

「職場における直接の上司部下の関係でなくても、相手方が断れない立場を利用して性的に不愉快な言動をした場合、一般的にセクハラがあったと認められます。」

続けて

「(省庁の)幹部からの性的に不愉快な言動を我慢しなければ情報を得られないとすれば、立場を利用したものとみなされ、セクハラがあったと認定される可能性がある。」

とあります。

 

記者は「連絡があってもスルー」しているし、普通のネタは得られる。よって、セクハラは認定されないと思われる。

野党「財務相G20出席は国会軽視よ。私たちサボるけど」

 辻元清美セメントいてこます前科者(57)に調整する気があるのか無いのか。はたまた調整能力が無いのか。

所詮は極左に通じた前科者。どこかの国のエージェントとしか思えない行動をとる。

今回は麻生財務大臣G20出席にパヨク野盗を上げて反対した。パヨク野盗は国会をサボりまくっていると言うのに。お情けで質疑させてもらえば、自分たちのサボリを棚に上げて謝りもせず「正規の時間に質疑をしたかった」といけしゃあしゃあと抜かしやがる。

 

日雇いの家族がいるとしよう。

家にはお腹を空かせた子供が3人。旦那の浮気がバレた。

前夜は子供が泣き出すほどの夫婦喧嘩。

翌朝、奥さんは夫婦喧嘩を続けて子供にひもじい思いをさせるのか。旦那に米代を稼ぎにやるのか。

進化史的には稼ぎに行かせることが正しいのだが。

 

国益という言葉に辻元前科者は拒絶反応を起こす。

国益とは唾棄すべき国家のという得体の知れないものの利益で、自分たちとは関係がないと考えているのだろう。官公労も首の心配は無い。

 

だが、民間は違う。

 

(更新)福田次官辞任 セクハラ告発と森友加計論法「有罪の証拠は被疑者が出せ」でパヨクの天下だ。

(2018/04/18 23:59 更新)

テレビ朝日の記者が被害者だと名乗り出た。これが新潮の被害者かどうかは定かでは無い。

この件に関してNet IB News様が「セクハラ被害?の女性記者は朝日系所属か。「新潮社に騙された」と話す~財務次官セクハラ疑惑」(http://www.data-max.co.jp/300417_dm1777/

)という2018年04月17日 11:05の記事で「朝日系所属か」と名指ししている。

(2018/04/18 23:59 以上)


週刊新潮が載せた福田財務事務次官セクハラ疑惑が国会でも取り上げられている。

 

あれあれ、福田次官が辞任したよ。悪例を残したな。被害者がはっきりりしない詐欺罪なんて成立しないと思うのだが。

このままでは、官僚が駐車違反すれば、国会で話題にされて辞任だ。

 


今回は珍しくもTVが新潮の音声データの真偽判定に乗り出したのに。そうしたら、あらあら、疑問点がポロポロ。良識がある人ならばはっきりするまで国会質疑は避ける。

 

レイプ事件の裁判に被害者に証言させることはセカンドレイプだという考えには一定の説得力がある。セクハラされた人が名乗り出て証言することが「セカントセクハラ」に当たるというのは無理があると感じる。

恐喝された被害者にも屈辱感がある。証言は「セカンド恐喝」だなんて言いだしたら、偽装恐喝犯が溢れ出す。

そうそう、JKの偽装痴漢にも被害者が出ている。

 

レイプは刑法犯だ。だが、セクハラはされた人がセクハラだと感じればセクハラであるという曖昧なものだ。基準が曖昧なものは、法律ではなく道徳の範疇。ところが野党は道徳教育にも反対している。

 

マスコミリンチでセクハラをした側の首が飛ぶこともある。今回の対象はヒラでは無い。任期を2ヶ月足らず残すだけとはいえ財務省の実戦部隊トップの首だ。慎重になって当然だ。

 

音声処理技術は進んでいる。ターゲットの発言を集めて性的なセリフが作れる。これをどこかの党に流す。どこかの党が事務次官の件同様国会質疑する。そしてお得意の

「セクハラしてない証拠を出せ!!!キーッ。」

官庁に潜り込ませた党員に公文書を書き換えせて大臣の首を飛ばす。

官庁のシンパに公文書をコピーさせて保存させる。保存期間が過ぎたら、それを入手したことにして政府に審議を問う。政府は「ありません」。「よく調査しろ」。シンパがコピーを差し出す。「ありました」。「嘘つきーーーっ」。誰かの首が飛ぶ。

 

そして、でっち上げのセクハラでも。

コニタン「武士の情け」みんな「武士の二言は?」

コニタンの愛称で国民に親しまれている小西洋之議員が次の趣旨のことを述べたそうだ(https://snjpn.net/archives/48557)。

「昨晩、現職自衛隊員から『お前は国民の敵だ!』と言われた!自衛隊員だから法令に反すると諭し、撤回すれば所属や名前は言わないと言ったのに拒んだから防衛局の人事に通報した!最終的には撤回したが幕僚幹部の職員でした!」

「最終的には態度を改めたが俺のことを『国民の敵』と言った幕僚幹部を一度は武士の情けで働き盛りの隊員なので謝罪と撤回は受け入れたがやっぱ許さない!」

 

ここで、民主党などの陣笠雑兵議員が閣僚などに向かって嘘つきなどと根拠のない発言を指摘することは野暮というもの。

 

21時ぐらいというので自衛官も勤務時間外。何を罵ろうと勝手だというのも適切を欠く。

 

コニタンは「自衛隊員の母親の望みも虚しく、自衛隊員は他国の子供を殺傷する恐怖の使徒になるのである」とのたまわったから、自衛官の「国民の敵」発言も当然だも、ちょっとね。

 

正しい切り返しは

ボクちゃん、亡命しなくちゃ

とほざいたコニタンに「武士に二言は無い」と詰め寄ることだ。

 

4.14 国会前デモ派は子供が死んで欲しい?

暴動(笑)と化し逮捕者も出た4.14 国会前緊急抗議行動のプラカード等の写真を拾ってアップした。

このとき注意して子供を含めないようにした。何も知らない子供は利用されているだけだから。

 

反政府界隈は「平和的ですよ

」とか、「普通の家族も出てますよ」とアピールするためにか子供連れをデモに呼び込んでいるようだ。もしかしたら危機感が無いバカ親が子供を連れて行っているだけなのかもしれないが。

 

元SEALDs奥田愛基偏差値28氏が煽って暴徒化させたと言う情報もある。今回は高々4千人。この程度では暴動もさしたることは無い。だが万一と言うこともある。もし、あの「決壊。」シーンに子供がいたら。転んで踏み潰された恐れもある。

偏差値28だからそこまで考えが至らなかった可能性もある。

(次のtweetを見るとその可能性は少ない。

f:id:dangun:20180417234940p:plain

「殺すな」を斜線、いや、刀で切り裂いて打ち消している。つまり、「殺せ」。

その上、奥田は”PlayForSyria”(シリアのために遊ぶ)とわざわざ記している。

ネットではこれは”PrayForSyria”の間違いだと主張する奥田擁護派もいるが、奥田は枯れても一橋大学大学院生。そんな間違いを犯すはずはない。)

もし、奥田を振り付ける者がいるとしたら。60年安保の樺美智子再来を夢見ているかもしれない。メディアが煽ることは確実。反政府デモは反政府暴動に相転移する。

 

最近の共産党は金欠だそうだ。樺美智子の死を悼んで(と言うよりは奇貨居くべしと)支那共産党は当時の金で1000万円を送った。これを受け取ったのは、樺美智子をトロッキストと批判した日本共産党。日共は995万円をネコババした。

 

 

今回は見つけられなかったが乳児連れもデモにいることがある。暴動が起きないとしても、真夏真冬だと心配になる。場所によっては空気も悪い。インフルエンザが流行っていたら。