分析 室井佑月の「頭おかしい」と青木理

室井佑月が「頭おかしい」と放送中に言い放った。

(後で分かるように室井に敬称を付ける気にはなれなかった。また青木理ちゃんにはその発言レベルに相応しい敬称をちゃんと付けた。) 

「頭おかしい」には主語が無い。主語を推測してみる。テレビ朝日小松靖アナウンサーとジャーナリストの青木理ちゃんが言いあっているが最中に「頭おかしい」が発っせられた。

言い合いは次のようだった。

小松アナは理ちゃんに、批判ばかりしてないで対案を出したらと迫った。

小松アナの指摘は正しい。いつも同じミスをしている人に注意だけして対策を打たないのはお役人かパヨクだ。

意外な迫られ方をされしまった理ちゃん、精神に空(うろ)がきて狼狽、対案を出すのはジャーナリストの任務ではないと逃げた。

あれだけ批判ばかりをして対案を考えない理ちゃんは何かが何本も欠けている。以後、彼を理ちゃんではなく、埋ちゃんと呼ぶことにする。幼稚な埋ちゃんにアドバイスしておこう。対案を取材するのはジャーナリストの仕事だと思うよ。

ということで埋ちゃんの敬称は相応しいものにした。

 

状況からして「頭おかしい」小松アナに向けられたものだと判断する。但し、以下の議論は埋ちゃんに向けられたものだとしても通用する。

 

 

物事は整理をすると分り易い。この場合は

「頭おかしい」か、

「頭おかし」くない

のどちらかだ。だが、世の中白と黒で割り切れるものではない。グレーの場合も考えよう。

 

1. 小松アナが本当に「頭おかしい」い場合

(断っておくが私は決して小松アナが「頭おかしい」とは思っていない。議論を進めるためそう仮定しているだけだ。)

 

人は障碍を持つ人にそれを指摘したりはしない。ちょうど室井に向って「ブス」(*1)とは言わないように。

(*1 当社比)

そんなことを面と向って、しかも大衆の前で言うとしたら、それこそどうかしている。

さらに悪いことに室井が発した「頭おかしい」は人格否定の言葉だ。

ブスには救いがある。

「あの子、ブスなのよ。あ、猫が好きだって。」

「へえ、可愛いとこあるのね。」

 

が、「頭おかしい」には?

「彼、頭おかしい。あ、猫が好きだって。」

「え?!殺すのが!?!?」

 

 

小松アナはご家族をお持ちだと思う。室井は視聴者数百万人の前でそんなことを言ったのだ。ご家族のお気持ちを室井は考えなかったのか。また、心無い人々からの指弾はいかばかりか。

 

詐欺師に向って「詐欺師」と言う場合でも充分な根拠が必要だ。根拠が無ければ、それは中傷と見なされる。室井は「頭おかしい」発言の挙証責任があるのにそれを果していない。そもそも、室井は証拠を持っているのか?

 

よって室井の発言は不適切だ。

 

2. グレーの場合

(再度、断っておくが私は決して小松アナが「頭おかしい」とは思っていない。議論を進めるためそう仮定しているだけだ。)

このケースが一番気を使う。完全に「頭おかしい」人は自分は正常であると信じきっている。だが、グレーの人は当人が気にしているかもしれない。

悩んでいる人に向って、それも数百万人の前で、室井はグサっと刺したのだ。

視聴者からそういう目で見られ、指弾され、一層悩みが深まった小松アナは平常心を失ってしまうかもしれないのだ。

 

室井は思い遣りの無い、血も涙も無い人だ。いやいや、そもそも人なのか。

 

3. 「頭おかし」くない場合

この場合は室井は数百万人の視聴者に向って嘘偽を言って中傷したことになる。

当然謝罪と賠償を室井はしなければならない。

 

 

どの場合を見ても、室井の「頭おかしい」発言は不適切だ。室井は発言を撤回し謝罪しなければならない。

 

また、テレビ朝日は自社のアナウンサーが中傷されたのだから、獣(手書きで「室井」と入力すると何故か「獣」に誤変換されやすい。IMEはMazec)の陳謝を広め、かつ、今後の起用は、室井が悔い改め、それが型として明確になるまで控えるべきだ。

 

BPOも小松アナの人権救済のため審理をしなければならない。

 

民進党の解党はない

ジャーナリストの長谷川幸洋さんが『今年は野党と左派系マスコミの「暴走と自滅」の1年だった』(

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53840

)

という文を書かれた。

3ページ目に

1. 民進は実質的な解党を避けられないだろう。

2. そもそも路線の違う2つの勢力がいつまでも共存できるわけがない。

3. 早ければ年内にも解党するのではないか。

4. 自分たちで決断できなければ、離党者が続いて流れ解散になるだけだ。

」(付番はdangun)

とある。

 

民進党を検索すると「民進党 | 国民とともに進む。」がヒットする。

民進党 | 勝手に迷走する。」ではないかと思うのだが。

ルーチンワーク以外の大きなことに目が届く人材がいなくなったのだろう。

 

私は民進党は解党しないと考える。理由は溜め込んだ70億とも言われる金だ。

長谷川さんが4.で指摘しているように離党者が続けば、残った者の分け前は増えるのだ。

 

離合集散を繰り返す民進党の烏合の議員の多くに政治的信念などあるはずもない。代わりに保身がある。政党は当選するための道具と考え、地位に恋々としているだけだ。

 

現在の民進党はほぼ参院議員からなる。昨年当選した議員は2022年まで地位は安泰だ。それ以外の議員も2019年までは安泰だろう。

若くない人、覇気がない人は現在は少数かもしれない。だが、離党が続けば、相対的に比率が上がる。村田蓮舫有田芳生のような煩わしい議員が逃げ出すということは、逆に言えば、老人クラブへと純化が進むということだ。

 

のらりくらりと党内の意見集約を妨げ、血気が残っている者を去らさせる。分け前は増えるばかりだ。2022年になれば、残った金を早めに分配し各自の政治団体に移す。矜持が残っている者は形ばかりの選挙戦をやって涙をワニの涙を流して見せる。2億円の退職金のためならそれくらい。

 

 

BPOの「救急車は止められていない」は切り取りデマ

BPOニュース女子#91を審議した。その意見書では基地外活動屋が救急車を止めた事実は無いとまくし立てている。

 

BPOの検証には別稿で触れるこじつけがある上に、メディアがよくやる「切り取り」も行なっている。

ニュース女子#91(

https://youtu.be/YUR_72tQEnc?t=465

)

youtu.be

では次の写真を提示した上(7:46)で

f:id:dangun:20171228190719p:plain

 

「救急車も止めたという話をがあるんですけど」と問いかける。この時「過激派が救急車も止めた?」というテロップも出ている。

続いて、肯定する答え流れる。

BPOはこの答えを問題視し、表面的な調査で虚偽と決めつけた。

 

テロップの過激派という形容を問題視する人もいる。けれど、上の写真のように車でバリケードを作って交通を遮断してしまう方法は、逆上でもしていない限り、普通の人々はやらない。そして、逆上は長くは続かない。写真のような交通封鎖は日常的に行われている。

よって、普通の人々が逆上してという理由づけは成り立たない。

 

過激派と指定することで「普通の反対派はこんなことはしていませんよ」というメッセージも伝わるのだ。

 

救急車の問題に移る。

上の写真は流石のBPOも虚偽とはしていない。

このような道路封鎖が日常的に行われているということも虚偽とはしていない。

BPOは17ページで

「現場に出動する救急車を実力で妨害する行為は、その態様により公務執行妨害罪、威力業務妨害罪にも該当しうる犯罪行為である。しかも人命にかかわる場合もありうるのである」

と書き、

「事実の存否について、まず 消防や警察に事実確認を行うことは取材の基本であり」

と続けている。

 

だが、BPOですら問題としていない上の写真のような状況に遭遇すれば、呼ばれた救急車の到着と搬送が遅れることは明らかだ。写真の道路封鎖の状況だと停止した車の行列ができる。救急車が来ても通路が開くまで停止せざるを得ない。

したがって、取材の要は無い。

 

逆にBPOは自らの調査で「救急車に停止してもら」ったという証言を得ていながら、通報を行わなかったばかりか、基地外活動家の犯罪行為を封印しているのだ。

 

BPOはその意見書の(

https://www.bpo.gr.jp/wordpress/wp-content/themes/codex/pdf/kensyo/determination/2017/27/dec/0.pdf#page=13

)の

13ページで

「反対運動によ る渋滞の列に救急車がいたという情報が仮にあっても、

それは反対派が実力で救急車を止めたという本件放送の伝えた事実とは趣旨をまったく異にしており、

到底その裏付けにならないことは明らかである。」

と書いている。

まず、「反対運動による渋滞の列」は間違いだ。これでは、まるで、平和的なデモ行進の副作用で交通渋滞が起きたみたいではないか。彼らは意図的だ。「反対運動のバリケードなどの交通妨害による渋滞の列」が正しい。

したがって、BPOの結論は間違いだ。

 

結果的に、もしかしたら意図的に、BPOは逮捕者も出している基地外活動家に加担している。

 

BPOは森を見ず木だけを見る愚を犯している。

 

「基地の外」は「基地外」なのか BPOニュース女子意見書

BPOが沖縄問題を取り上げたニュース女子#91について多くの問題を内包する意見書(*1)を出した。

(*1 https://www.bpo.gr.jp/wordpress/wp-content/themes/codex/pdf/kensyo/determination/2017/27/dec/0.pdf#page=18)

 

18-19ベージではテロップの中の「基地の外の」という文言を問題にしている。これが4箇所に使用され、「基地の外」が黄色の斜体で強調されているという。

BPOは「基地外」は”キチガイ”の誤変換で、”キチガイ”の言い換えになっていると主張している。

この主張に基づき、BPOは「基地の外」が「基地外」のさらなる言い換えだと示唆している。

だが、BPOはDHCに意図を尋ねてはいないようだ。

 

例えば「目の不自由な人」という言い換えもある。言い換えが良くないのなら、「目の不自由な人」も不適切になってしまう。BPOさん、福祉の番組は困ることになまりせんか?

 

私は「基地の外」は揶揄だと思う。

「基地の外」の対語は「基地の中」だ。

BPOはその主張の中で

「「基地の中の」反対運動が現実的には考えられない」

と断言しているが、今後国外ではテロリスト扱いされるかもしれない山城博治被告(65)らが逮捕送検された理由は基地内活動したからであるという「現実的に」あった事実を知らないのか。

また基地外活動屋はフェンスにビラを貼ったりテープを貼り付けなどの嫌がらせをしている。これも厳密には基地内の活動だろう。

DHCは山城被告らの基地内活動を揶揄したのだと私は考える。

 

次は日当問題。

BPOは、「V. 考査に対する検証」で日当問題も取り上げている。そしてこうするべきだったと意見を出している。

日当問題については勿論DHC側に落ち度があった。BPOは「組合に動員された人の日当問題にも触れるべきだった」と建設的意見を出すべきだった。

何しろ、動員されは人は顎足日当つきのようだから。

 

謝2

これは「またまた朝日のオウンゴール ダブスタ朝日vs小川・飛鳥新社訴訟関連」です

 

私は貧乏なです。でから金欠になりつつある朝日に

5000万円の訴訟を起こす

それが嫌なら二度と公開の場で発言するな

と脅されたら、受けて立つことはできません。

 

ですから、不本意ながら

 

私のミスでした。関係者にお詫びします。

 

あー、バカバカしい。

 

 

本当に朝日のやり口は言論を萎縮させます。

中世ヨーロッパではバチカン法王庁キリスト教が言論芸術科学を封殺していました。バチカン法王庁キリスト教の支配にほころびができた時、発展が始まったと見ることもできるのです。

これは「またまた朝日のオウンゴール ダブスタ朝日vs小川・飛鳥新社訴訟」関連です

 

私は貧乏なです。でから金欠になりつつある朝日に

5000万円の訴訟を起こす

それが嫌なら二度と公開の場で発言するな

と脅されたら、受けて立つことはできません。

 

ですから、不本意ながら次の稿[謝2]を用意しておきます。

 

またまた朝日のオウンゴール ダブスタ朝日vs小川・飛鳥新社訴訟

繰り返しとなりますが幸いにも私は被告にも原告にも容疑者にもなったことはありません。

裁判の傍聴にも行ったことはありません。ですから、本稿で取り上げたことが裁判で朝日に不利になるのかは分かりません。ですが、受ける印象は

 

朝日ダメだな。

 

 

朝日の東京報道局ですら自社の記事を飛ばし読みするようです。

自社のドイツの放射性廃棄物最終処分場についての記事に「そこは南国のように暑かった」とあるのを見つけました。Twitterで「放射性廃棄物の崩壊熱なのでしょう」を付け加えて「そこは南国のように暑かった」を流してしまいました。反原発記事が書けると喜びに我を忘れてしまい、不注意になったのだろうと推測します。

元記事には2022年に運用開始できるかもしれないとあるのですが、東京報道局はそれを見落としてしまいした。

 

ここで東京報道局は意外なことをしました。

放射性廃棄物の崩壊熱が強烈なので時空の壁を破って未来から現在に伝わったのだと「科学的」説明する代わりに、なんと、ミスを認めてしまったのです。

 

一般に窮状のしわ寄せは現場に重くのしかかるもの。〈エビデンス? ねーよそんなもん〉の高橋純子(46)元政治部次長と違って、このミスで小川榮太郎さんから5000万円、飛鳥新社から5000万円取れないのはキツイと東京報道局は判断したのではないかと推測してしまいました。

 

ところで、私も東京報道局並みのあわてもの。また東京報道局並みに頭が悪く読解力もありません。いやいやもっとひどいでしょう。朝日に訴えられたくないので予め謝っておきましょう、<謝1>を見てください。

 

朝日の訴状(

http://www.asahi.com/shimbun/release/2017/20171225.pdf

)

を読んでみました。

 

4ページに木村真豊中市議が持ち込んだネタについて書かれています。小川氏の本には、朝日の、木村市議のネタを取り上げるには客観性が足りない、ついては提訴しなさいよ、提訴すれば記事にできるという「助言があった末でのこの記事だという」という内容が書かれています。

朝日はそんな助言はしていないなどと訴えています。

でも、「安倍晋三記念章学院」が実は「開成小学校」だったことが判明した時、籠池容疑者が言ったことを記事にしただけだと強弁したのは朝日でしたね。

朝日は他にも伝聞を問題にしています。

 

6ページに、小川氏は、朝日が「『総理の意向』でないことが分かってしまう部分を全て隠蔽して報道し続けたのである。」と主張しているとあります。

朝日の主張は訴状の8ページに書かれています。

今治市の大学設置時期について最短距離でとの総理のご意向を実現するためには、

国家戦略特区諮問会議の決定とし、

総理からの指示に見えるようにするのがよい

との趣旨が明らかである。

原告の取材に対し、文部科学省関係者もそのように説明した。」

とあります。

 

あれあれ、作成者に聞いたのではないのですか。

文部省関係者とやらの説明が正しいという証拠は?

 

1.「最短距離でとの総理のご意向」が特区全般に向けられたものでは無く、今治市の大学設置にのみ向けられたものか明確になっていない。

2.仮に大学設置のみに向けられたものだとしてもその意向はどのように得られたのか?

総理「急がなくともいいよ」

官僚「でも、総理、早い方がいいですよね。」

総理「そりゃそうだね。」

官僚「最短の方がいいですよね。」

総理「うん。」

というようなやり取りだと「ご意向」の強さは落ちる。

3. 「総理のご意向」「官邸最高レベル」が伝聞である。

4.「文部科学省関係者もそのように説明した」の文部科学省関係者とはビーチ前川のことだと思うが、彼が文章の出所でかつ現政権に恨みを持っていると思われるので証言能力は低い。

5.訴状にある「国家戦略特区諮問会議の決定とし」ですが、もともとこの案件は国家戦略特区諮問会議の案件です。ですから、わざわざ「国家戦略特区諮問会議の決定とし」するのはおかしい。

 

次は、結構問題だと思います。

朝日は例えば

『2017-12-25

小川榮太郎氏ならびに飛鳥新社に対する訴訟提起について』

(http://www.asahi.com/corporate/info/11264607)

で「本社には一切の取材もないまま」と文句を垂れている。

ならば朝日は加計学園問題について総理や「官邸の最高レベル」に取材したのか?

取材もしてない記事を600万読者に幾多となく届けたのか?

 

<謝1>別稿[謝]を見てください。