文春コラム劣化

水道橋博士「総選挙だ、総理の座が空席だ!!」だが、緊急事態の心配はしない間抜けさ

紀貫之の土佐日記は公開を意識して書かれた初めての日記とも言われている。それまでの平安時代の貴族の日記はプライベートのもので、藤原道長など上司を罵倒する本音など、他聞をはばかる駄文が書かれていた。多分、水道橋博士クンのdiaryには、このような気…

(新潮も)若狭は冤罪検事だ! 身体検査で続々

週刊新潮2017/10/19に特集『傾国の「小池百合子」』が掲載された。 おべんちゃらを言わない冷徹な新潮、さすがに今の小池百合子首領様(65)を「傾城」とは呼ばなかった。小池首領様に「傾城」なんて10年前でも無理か。30年前かな? だが、小池輝ける民族の星様…

(新潮も)森友「安倍疑惑」からも撤退

[文春コラム劣化](新潮も)森友「安倍疑惑」からも撤退 先に詩織さんの準強姦問題で週刊新潮が官邸関与説を引っ込めたと書いた。今度は森友「安倍疑惑」から撤退した。 週刊新潮2017/10/12号の記事『再び疑惑の国有地売却で「戦犯」は「森友問題」のあの人』(…

(新潮も)新潮 詩織強姦?官邸関与説取り下げ

詩織さんが山口敬之元TBSワシントン支局長を準強姦容疑で訴え逮捕寸前までいったのに、山口さんが『「安倍総理のお友達」だから不問!』に付されてしまった、と以前週刊新潮は 書いた。(『』内は週刊新潮2017/10/05の記事のタイトルの一部で、まだ、印象操作…

民進ですら加計を問題にしていないのに

[文春コラム劣化]民進ですら加計を問題にしていないのに 週刊文春2017/09/28の総選挙特集p29「森友・加計の真相究明の機会は失われた」と書いてある。 真相は、既に、国会で明らかになっている。この特集を書いた人は文章は新聞と週刊誌、動画はテレビしか見…

民進党 前原 犬が人を噛んでもニュースにはならない

新聞業界の格言で「犬が人を噛んでもニュースにならないが、人が犬を噛めばニュースになる」というようなものがあるそうだ。 週刊文春2017/09/14のコラム『新聞不信』に依れば、 2017/09/02の朝日毎日読売三紙は、民進党の前原誠司氏が民進党の新代表になっ…

(新潮も)Jアラートに珍コメント 石破、佐藤優

週刊新潮2017/09/28の総選挙記事の一つでJアラートに触れている(p24)。 左翼はJアラートを鳴らして国民を脅して支持率を上げようとしているとか、いろいろ文句をつけている。 左翼より事情を知っていると思われる石破茂元防衛相は次のように話した(ことにな…

パブロフの犬HK

週刊文春(2017/09/07)のテレビ時評コラム『テレビ健康診断』は「戸部田誠(テレビのスキマ)」とかいう人による。 この方は冒頭で「夏はNHKの”本気”を感じる季節だ」と書き、インパール作戦、731部隊などの終戦関連番組を取り上げ、続いて、「戦後70年以上経っ…

(新潮も)坂上忍、見苦しくて読んでいられません

AbemaTVの『10大の男女が「嫌いな司会者」ランキング』で栄えある1位をゲットした坂上忍(https://www.youtube.com/watch?v=IrzaYHvxk2w)。彼の週刊新潮掲載コラム『わたしのルールブツク スジ論』2017/09/07 号のタイトルは『政治家さん達の「喋ったもん勝ち…

寝具難民6万人だと

週刊文春2017/06/15の特集『保存版 快眠が人生を変える!』に医療ジャーナリスト長田昭二さんの記事『「理想の枕」の選び方・作り方』が載っている。記事は3ページ強。ページ数から言ってこの特集の目玉だ。目玉なのに問題が多い。 この記事は、16号整形外科…

ワイドショーを信じる尾木ババの無恥

週刊文春2017/08/03の尾木直樹こと尾木ママの『尾木のママで』には政治家の言葉使いを扱っている。 悪例の一つとして「安倍総理ご自身」の『「こんな人たちに私たちは負けるわけにはいかない」と叫んだ』ことを挙げている。安倍さんの発言は、正しくは、「こ…

尾木ママは小池百合子都知事を全肯定

(ところで、「ばば」とは、特に、大阪周辺で「うんち」のことだ(った)が、本稿の「ババ」は「ジジババ」のババで、大阪周辺で用いられている(用いられた)「ばば」では無いことを申し添えておく) 週刊文春2017/07/13の『尾木のママで』(尾木直樹著)は都議会選…

(新潮)安倍”さん”と安倍”サン"を聞き分ける?

週刊新潮2017/07/14号p40『1 ドンの一声で「横浜カジノ消滅」「菅官房長官」がメンツ丸潰れ』と言う記事に「ハマの「顔役」」藤木幸夫さんのインタービユーが載っている。 「藤木会長の弁を聞こう」と導入し「(前略)安倍サンや菅の所には(後略)」と続く。 世…

新市長は漫湖さん?萬好さん?知印法さん?肩手越智さん?

報告文を書くときは5W1Hが大切と教わった。文春の次の記事ではWの一部が欠けている。 文春2017/07/06のTHIS WEEKの『進次郎が横須賀市長選で背負った借金は入閣で返済?』(ライター・常井健一) 横須賀市長選では、小泉進次郎氏があちらこちらの手を借りて応援…

公明都議が公然熱烈キス

週刊文春2017/06/22のワイド特集『「昼顔」と「夜顔」』の『公明党議員が創価学会婦人部熟女と熱烈キス写真』という記事のツッコミが足りない。 公明都議で3人の子持ちの古城将夫君(37)が、貸切でもない寿司屋のカウンターで、熱烈キスをした。お相手は創価…

池上彰 教育勅語には文法間違いがある?!

週刊文春2017/03/30の『そこからですか!?』で池上彰は、教育勅語の「一旦緩急アレハ」 は文法上間違いだとしている。 池上は、「一旦緩急アレハ」を「もしも国家に危機のあるときは」という仮定文と解釈し、議論を進めている。 そして、 1. 当時の文法だと、…

池上彰の教育勅語批判におけるズル

週刊文春2017/03/30の『そこからですか!?』で池上彰は、 戦前は教育勅語があったから道徳観念に優れていたということは誤解だ、 と言っている。その例として、戦前は親殺し子殺しが横行していたし、殺人事件の比率は現代よりはるかに高かったと書いている。…

女系天皇?

『出口治明の0から学ぶ「日本史」講義』には満足できない。2頁に詰め込まねばならないので仕方がないのだろうが、説明不足が目立つ。 2017/05/25では、奈良時代は女性が活躍した時代で、そのロールモデルは則天武后だとしている。 天武天皇以前では、豪族の…

安倍首相「熟読して」

週刊文春のコラムの劣化が目立つ。 2017/05/25号の『新聞不信』(翼)は『「熟読して」発言を批判しないのか』というタイトルで国会での安倍首相発言への新聞の対応を批判し、『池上彰のそこからですか!?』では「(新聞を熟読してくれ、などと誰かさんのような…

「なしくずしの左傾化!?」だろう

週刊文春のコラムの劣化が目立つ。 掲載文のタイトルは編集部がつけることも多いそうだ。本稿では、「尾木」と書いた場合編集部も含めている。 今回の『尾木のママで』のタイトルは「なしずしの右傾化!?」だった。 取り上げている問題は、03/31に公示された…

辻元学園は尾木ママの常識を失わせる

週刊文春のコラムの劣化が目立つ。 2017/03/23の『尾木のママで』で 辻元学園問題(通名:森友学園)を取り上げていた。 コラムの最後に、小学校入学予定の45人の進学についても国会で取り上げて欲しいと書いていた。 国会って、特定の小学校の2,30入学予定者に…